アイドルのカウンターってのはすごいんだぜ...... ハヤテのごとく!371話「モテようと思うない事がモテるための近道」 このエントリーをはてなブックマークに追加 アイドルのカウンターってのはすごいんだぜ...... ハヤテのごとく!371話「モテようと思うない事がモテるための近道」

ハヤテのごとく!371話「モテようと思うない事がモテるための近道」

ハヤテのごとく!のお茶会
告知告知。
同人誌を夏コミで出します、詳細は上記バナーをクリックしてもらえば!!!
ほんと是非お願いします。

さて、今週のハヤテのごとく!。

hayate371-001.jpg

棺があった部屋の床に描かれている紋様。
それは王玉に浮かぶ紋様と一緒。
紋様の数は12個。
ということは、王玉は12個あるか?
ハヤテの推測。
でも、紫子が三世院の宝物庫で見つけたのは全部で9個。
12個全部が現存していたかは現段階では不明だろう。
元々王玉は、星の力を集めて作ったもの。
その数は12正座と同じだと言われても、納得する。
......となると、13個めが出てきてもおかしくないんだけど。

伊澄の話によると、ゆかりちゃんハウスの前の持ち主は、
大きな力を守ってきた人。
先週の話からすると、姫神に関連するんだろう。

続きを読む "アイドルのカウンターってのはすごいんだぜ...... ハヤテのごとく!371話「モテようと思うない事がモテるための近道」"

写真に秘められた謎に辿り着いたのか? ハヤテのごとく!370話「ミステリールーム8」 このエントリーをはてなブックマークに追加 写真に秘められた謎に辿り着いたのか? ハヤテのごとく!370話「ミステリールーム8」

ハヤテのごとく!370話「ミステリールーム8」

hayate370-001.jpg

アテネを人質にしようとしたけど、それはハヤテが許さない。
そういえばハヤテはかなり強いというか能力高いんでしたね。
それにしても法仙夜空は強いな。
ハヤテを攻撃してる際中に、伊澄が攻撃しても当たらない。
戦いなれているというか、経験値多そうだな-。
で、夜空には逃げれた。

続きを読む "写真に秘められた謎に辿り着いたのか? ハヤテのごとく!370話「ミステリールーム8」"

棺の中に眠っていたものとはなにか。ハヤテのごとく!369話「ミステリールーム7」 このエントリーをはてなブックマークに追加 棺の中に眠っていたものとはなにか。ハヤテのごとく!369話「ミステリールーム7」

ハヤテのごとく!369話「ミステリールーム7」

hayate369-001.jpg

王族の庭城の一番奥にあった棺。
それがなぜムラサキノヤカタにあるのか。
またこの棺について、小さくなったアテネは何も知らない。
アテネが知らないことをハヤテは不思議がるけど、
大きなアテネと「王族の庭城のことを誰に聞かれても知らないフリをして」と言われている。
だから、ハヤテは知らないふりをする。

続きを読む "棺の中に眠っていたものとはなにか。ハヤテのごとく!369話「ミステリールーム7」"

失われたものがそこにある。ハヤテのごとく!368話「ミステリールーム6」 このエントリーをはてなブックマークに追加 失われたものがそこにある。ハヤテのごとく!368話「ミステリールーム6」

ハヤテのごとく!368話「ミステリールーム6」

hayate368-001.jpg

西沢歩は勘違いをしている。
ゆかりちゃんハウスの住民になったことで、アイドルである水蓮寺ルカと対等になったと。
『対等』、広辞苑によれば下記の意味。
双方の間に優劣・高下のないこと。双方同等であること。

ゆかりちゃんハウスの住人になったからといって、「普通」と「アイドル」は対等かどうか。
いや、違う。
そもそも、対等かどうかを考えてる時点で、対等になっていないのではないか。
西沢さんがルカに対して、上から目線だけど、
ルカは西沢さんがハヤテのことを好きだとわかっているのか?
わかってないよなー。

続きを読む "失われたものがそこにある。ハヤテのごとく!368話「ミステリールーム6」"

隠された部屋あったり、鍵と適格者が必要なんじゃない?っていう話 ハヤテのごとく!367話「ミステリールーム5」 このエントリーをはてなブックマークに追加 隠された部屋あったり、鍵と適格者が必要なんじゃない?っていう話 ハヤテのごとく!367話「ミステリールーム5」

ハヤテのごとく!367話「ミステリールーム5」

hayate367-001.jpg

神父が気が付いた違和感。
浴場の上にあるハズの物置が狭い。
物置だけなら、浴場と同じだけの広さがあってもいいはずなのに、その広さがない。
ということは、やはり何か別の空間があって、何かを隠してる。
アテネがいうには、そこには結界が張られていて、神父が通り抜けできないようになってるし、
タマがつけている鈴と同じで、人がなかなか注意を向けないような作用もある。

つまりだ。

誰かが何かを隠している。

じゃあ、これが誰か。
帝か紫子か。
何を隠したのか。
先の二人が絡んだ時点で、王族の庭城に関連した何か。と考えるのが妥当なのかな?
ちなみに張られている結界は、アテネでは解除不可能。
......伊澄あたりが出てきて解除するんだろうか。

続きを読む "隠された部屋あったり、鍵と適格者が必要なんじゃない?っていう話 ハヤテのごとく!367話「ミステリールーム5」"

知らない間に誰かの夢を背負っている可能性 ハヤテのごとく!366話「ミステリールーム4」 このエントリーをはてなブックマークに追加 知らない間に誰かの夢を背負っている可能性 ハヤテのごとく!366話「ミステリールーム4」

ハヤテのごとく!366話「ミステリールーム4」

hayate366-001.jpg

アイドルになって初めて仕事をすっぽかしたルカ。
これはかなり厳しいよな。
事務所の対応で、ルカは二週間の入院ということになっている。
そのおかげもあってダメージは少ないけど、
入院じゃないとバレたときに世間からは非常にバッシングを受ける。
そうなれば、これまで培ってきた人気はなくなってしまうかもしれない。

続きを読む "知らない間に誰かの夢を背負っている可能性 ハヤテのごとく!366話「ミステリールーム4」"

やると決めたその時が最善なんだよ。 ハヤテのごとく!365話「ミステリールーム3」 このエントリーをはてなブックマークに追加 やると決めたその時が最善なんだよ。 ハヤテのごとく!365話「ミステリールーム3」

ハヤテのごとく!365話「ミステリールーム3」

hayate365-001.jpg

西沢さんとルカがゆかりちゃんハウスに住むことになるということは、
タマと神父を居座っている部屋から退ける必要がある。
それにしても部屋の状況がカオスだな。
ゆかりちゃんハウスは全六室。
ルカと西沢さんに部屋を貸すともう余りがない。
となれば、当然神父とタマの行き先を考えないといけない。
その点はハヤテに考えがあるらしい。

続きを読む "やると決めたその時が最善なんだよ。 ハヤテのごとく!365話「ミステリールーム3」"

普通と生徒会長とアイドルと。 ハヤテのごとく!364話「ミステリールーム2」 このエントリーをはてなブックマークに追加 普通と生徒会長とアイドルと。 ハヤテのごとく!364話「ミステリールーム2」

ハヤテのごとく!364話「ミステリールーム2」

hayate364-001.jpg

先週の時点だと、まだ西沢さんはゆかりちゃんハウスにはきてなかったのね。
勘違いしてた。
一応、西沢さんはハヤテの所にいくなら手土産でもとシュークリームを購入。
すっごく普通だよね。
ケーキとか高いし、10個も買えないよね。
ふと立ち寄ったケーキ屋のポスターには水蓮寺ルカ。
ルカの人気ってどの程度なんだろうなと思うけど、
結構あるんだろうというのはわかる。

普通の人代表みたいな西沢さんからしたら、そんなルカがハヤテに好意を持ってるんだからたまったもんじゃない。

続きを読む "普通と生徒会長とアイドルと。 ハヤテのごとく!364話「ミステリールーム2」"

誰の夢を選ぶのか。 ハヤテのごとく!363話「ミステリールーム1」 このエントリーをはてなブックマークに追加 誰の夢を選ぶのか。 ハヤテのごとく!363話「ミステリールーム1」

ハヤテのごとく!363話「ミステリールーム1」

hayate363-001.jpg

事務所の社長はルカがマンガを描くことには賛成しているけど、
ルカをよく知る集マネージャーは反対。
なぜならマンガを描くことが「ルカ自身のためだから」。
マンガで成功しなければ、ルカはアイドルとして活動、借金返済をする。
でも、ルカがマンガ家として成功すれば、借金を返済しておしまい。
マネージャーとしてはあと10年、ルカにはアイドルでいてもらわないと困る。
となれば、ルカにマンガを止めさせるしかない。

続きを読む "誰の夢を選ぶのか。 ハヤテのごとく!363話「ミステリールーム1」"

一人で歩き続けようと決めた日。 ハヤテのごとく!362話「イルカの飛んだ日」 このエントリーをはてなブックマークに追加 一人で歩き続けようと決めた日。 ハヤテのごとく!362話「イルカの飛んだ日」

ハヤテのごとく!362話「イルカの飛んだ日」

今回の話はBSでも触れられているように「水蓮寺ルカ」が出来るまでの話です。
これまであった、キャラクターの過去に触れる際とは違う感じです。

hayate362-001.jpg

1989年1月8日にルカが産まれた。
父親は一発屋のロック歌手、母親は売れなかったB級アイドル。
二人は芸能界という光り輝く舞台に対して、
未練というまだ憧れがあった。
でも、自分たちは一発屋と売れなかったアイドル。
再挑戦することもできない。だから、娘のルカに夢を託した。
ルカをアイドルにするために、自分たちの夢を叶えるために徹底的な英才教育をおこなった。
自分たちの失敗経験をとことんまで研究することとで、
何が失敗の原因なのか、何をすればいいのか、
そうやっていくことで成功することができると考えた。

続きを読む "一人で歩き続けようと決めた日。 ハヤテのごとく!362話「イルカの飛んだ日」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51