付き合いの長い関係だからわかること。よふかしのうた 第106夜「持つべきものは友達」 このエントリーをはてなブックマークに追加 付き合いの長い関係だからわかること。よふかしのうた 第106夜「持つべきものは友達」

よふかしのうた 第106夜「持つべきものは友達」

a

何がとは言わないけど、デカイ。

コウとマヒルを仲直りさせることになって、
アキラを連れてきたんだけど、なんでかメイド喫茶でメイド服。
たぶん特に意味はない。
メイド喫茶なのは、アキラをコウに会わせる前に状況説明の場が欲しかったから。
メイド喫茶ならミドリもいるから安全という理由。

お客さんからのアキラへの視線は、めっちゃ期待に溢れてるような?
でも、アキラは中学生だからなー。
まだ早いな。

続きを読む "付き合いの長い関係だからわかること。よふかしのうた 第106夜「持つべきものは友達」"

仲直りって意外と難しいもんだよね。よふかしのうた 第105夜「気まずいメンツ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 仲直りって意外と難しいもんだよね。よふかしのうた 第105夜「気まずいメンツ」

よふかしのうた 第105夜「気まずいメンツ」

a

コウはマヒルとのケンカのことでとても悩んでいる。
あんなケンカをして絶交となったのだから悩みもする。
ただ、あの状態で、どうすればよかったのかは正解はないと思う。

そんなコウの状態を、ナズナも心配していた。
でも、だからって、ニコと目代さんを呼ぶって気まずいメンツだろうよ。
この前まで吸血鬼殺す!といってた目代さんと、その目代さんに頭を撃たれたニコを、
酒の場に集めるのはなかなかよ。

ナズナが相談できる他の人を考えたら、この二人になるか。
目代さんはニコの頭を撃ち抜いたことについては謝罪した。
それを受けて、ニコは「生徒が謝ったら許すのが教師だ」ということで許した。
こういうとことはニコは凄いな。

続きを読む "仲直りって意外と難しいもんだよね。よふかしのうた 第105夜「気まずいメンツ」"

一時の気持ちのすれ違いなのにな よふかしのうた 第104夜「絶交」 このエントリーをはてなブックマークに追加 一時の気持ちのすれ違いなのにな よふかしのうた 第104夜「絶交」

よふかしのうた 第104夜「絶交」

よふかしのうたアニメ化!
めでたい!
いつかするかなと思っていた作品なので、やっぱりアニメ化は嬉しい。
PVで夜守コウ(CV:佐藤 元)と七草ナズナ(CV:雨宮 天)が少し聴けるけど、
自分の頭の中にいた、コウとナズナに近い声だったので、安心した。
主題歌も「Creepy Nuts」ということで期待したい。

a

マヒルからみたら、コウのあの身体能力は吸血鬼のもの。
だからコウが吸血鬼になったと考えても不思議じゃない。
またコウが「吸血鬼になってない」といったのもウソと考えてしまうのも当然。

コウの事情については、目代さんが説明してくれた。
彼は一度吸血鬼になりかけたことで、吸血鬼になりかけやすくなっている。
つまり、半吸血鬼化状態。
感情が高ぶると、半吸血鬼化するということ。

続きを読む "一時の気持ちのすれ違いなのにな よふかしのうた 第104夜「絶交」"

中途半端な存在。 よふかしのうた 第103夜「人の話を聞けよ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 中途半端な存在。 よふかしのうた 第103夜「人の話を聞けよ」

よふかしのうた 第103夜「人の話を聞けよ」

a

マヒルの発言がホントにこれまでと全然違う。
人間を吸血鬼の餌だとか、目代さんを吸血鬼を脅かす存在とか言ってる。
しかも、コウが目代さんを庇うような発言をしたら、暴力を振るった。
そんなことをしなかったはずなのに。
コウの話を聞く気がない。
暴力でマヒルの考えを受け入れさせようとしてる。

続きを読む "中途半端な存在。 よふかしのうた 第103夜「人の話を聞けよ」"

少し見ない間にずいぶん変わったね。よふかしのうた 第102夜「じゃあ俺の勝ちだな」 このエントリーをはてなブックマークに追加 少し見ない間にずいぶん変わったね。よふかしのうた 第102夜「じゃあ俺の勝ちだな」

よふかしのうた 第102夜「じゃあ俺の勝ちだな」

a

コウは久しぶりにマヒルに会うことにした。
実際マヒルが出てくるのはだいぶ久しぶりだな。

久しぶりのマヒルは、外見的変化もそうなんだけど、
雰囲気がだいぶ違う気がする。

マヒルと歩き出したコウはどうやって話をしようかと考えていた。
彼が話を切り出しよりも先に「もう吸血鬼になれた?」とマヒルが聞いてきた。
コウは否定したけど、実際なりかけみたいな状態だから、前進はしている。

「じゃあ、俺の勝ちだな」

というマヒルの表情が怖すぎるんだよ。
彼自身は「冗談」といってるけど、
彼ももしかしたら吸血鬼にはなってないかもしれないけど、
人の枠から外れようとしてるんじゃないかな。

続きを読む "少し見ない間にずいぶん変わったね。よふかしのうた 第102夜「じゃあ俺の勝ちだな」"

調べれば調べるほどにわからない。 よふかしのうた 第101夜「私はあいつがこわい」 このエントリーをはてなブックマークに追加 調べれば調べるほどにわからない。 よふかしのうた 第101夜「私はあいつがこわい」

よふかしのうた 第101夜「私はあいつがこわい」

a

星見キクは、目代さんが調べても、その眷属の数がわからない。
50人なのか、100人なのか。
そもそもいつから吸血鬼をやっているのかもわからない。

目代さんが探偵として関わった案件で吸血鬼関係となると、
ほとんどが星見キク関係。
それだけ眷属を生み出してるってことなのか。

目代さん側でこれまでの話を振りかえると、
あっくんのことは星見キクを探しているときのことだし、
学校でコウと会ったときの吸血鬼も星見キクの眷属を追いかけているときのこと。

ナズナとコウ、キクとマヒル、
この組み合わせが、コウとマヒルが友人だったことで、繋がった。
キクを追いかけてきた目代さんからしたら、いろいろなことがやっと繋がった瞬間だった。

続きを読む "調べれば調べるほどにわからない。 よふかしのうた 第101夜「私はあいつがこわい」"

彼女の眷属遍歴 よふかしのうた 第100夜「星見キク」 このエントリーをはてなブックマークに追加 彼女の眷属遍歴 よふかしのうた 第100夜「星見キク」

よふかしのうた 第100夜「星見キク」

a

よふかしのうた、100話!
めでたい。

そんなめでたい100話のメインは星見キク。
彼女の話は16世紀まで遡る。
......って書いてて。16世紀となるともうかなり古株?
あと人間だった頃の物って残ってないんじゃない?

森で眠っている姫のようなキクの元に来た王子様。
キスで目が醒めるのかと思ったら、そんなことはなく、キクが血を吸う。
血を吸ったキクは、王子の元を去った。

続きを読む "彼女の眷属遍歴 よふかしのうた 第100夜「星見キク」"

倫理観がおわってるーー! よふかしのうた 第99夜「普通に生きるって難しいな」 このエントリーをはてなブックマークに追加 倫理観がおわってるーー! よふかしのうた 第99夜「普通に生きるって難しいな」

よふかしのうた 第99夜「普通に生きるって難しいな」

a

コウとナズナは、目代さんの住まいを訪れた。
目代さんは元々死ぬ気だったから、事務所とか私物とか売って今はホテル暮らし。
その方がいろいろと楽だろうしね。

二人が目代さんのところを訪ねた理由は、

「目代さんのお父さんを吸血鬼にした吸血鬼について」

要するに、誰が目代さんの復讐相手なのか。
それを知って、コウはその吸血鬼と話をしたい。
目代さんは「終わったこと」「過去は変わらない」「無駄なこと」と思ってる。

続きを読む "倫理観がおわってるーー! よふかしのうた 第99夜「普通に生きるって難しいな」"

本気じゃないとしてもフラレるのはダメージあるよ。よふかしのうた 第98夜「難しいな女って」 このエントリーをはてなブックマークに追加 本気じゃないとしてもフラレるのはダメージあるよ。よふかしのうた 第98夜「難しいな女って」

よふかしのうた 第98夜「難しいな女って」

a

目代さん関連の一連の騒動は落ち着いたので、
ナズナとコウが学校に通う理由がなくなった。
だから、そのあたりの整理ですね。

ナズナは短い間とはいえ、クラスメイトだった学生に別れの挨拶をして、
それを聞いてリラちゃんがビックリしてた。

リラちゃんとしてはナズナに確認しておかないといけないことがあった。
それはコウのことをナズナが好きだったのかどうか。
ナズナの回答は「気に入ってるよ。でもそういう「好き」じゃない」
コウにも、ナズナにも「そういう好き」はまだないからな。
二人の関係を表現すると「友達」。

続きを読む "本気じゃないとしてもフラレるのはダメージあるよ。よふかしのうた 第98夜「難しいな女って」"

僕らの延長線上に大人がいる。よふかしのうた 第97夜「失敗したいな」 このエントリーをはてなブックマークに追加 僕らの延長線上に大人がいる。よふかしのうた 第97夜「失敗したいな」

よふかしのうた 第97夜「失敗したいな」

a

目代さんは酔いつぶれて、コウくんにおんぶしてもらってる。
潰れてる目代さんは、一旦ナズナさんの部屋へ。
目代さんのために二人で水を買いにいこうとしたら、
コウくんが目代さんに引き止められた。

体調が悪い自分だけを残すのか、
どっちかは残れ。

目代さんの言い分はわかる。
具合悪いと誰かいてくれた方が不安も和らぐよね。

続きを読む "僕らの延長線上に大人がいる。よふかしのうた 第97夜「失敗したいな」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11