予習をしておくとより楽しめる作品は確かにある。トニカクカワイイ第63話「今回はふせ字が多そうなのですがどうでしょうか?」 このエントリーをはてなブックマークに追加 予習をしておくとより楽しめる作品は確かにある。トニカクカワイイ第63話「今回はふせ字が多そうなのですがどうでしょうか?」

トニカクカワイイ第63話「今回はふせ字が多そうなのですがどうでしょうか?」

tonikawa063-001.png

アベンジャーズのエンドゲームというものが公開されたらしいですね。
ええ、アベンジャーズ関係は見ていないので全く分かりませんが、
公開されたという事実は知っています。
さて、映画好きな司からしたら、エンドゲームの公開は一大イベントです。

ネタバレに触れる前に見ておきたい。

というわけでサクッとネットで座席予約。しかもプレミアシート。
まあ、長い映画を見る時にお金に余裕があって、プレミアシートという選択肢があるなら、
それを選択するのはいいと思う。

エンドゲームを見る前に、予習が必要ということで、
まだ見ていない関連作品を借りたり、映画を観たりすることに。
まあ、どんな作品でもガチ勢がいると事前準備が大事だ!となることはよくあることです。

続きを読む "予習をしておくとより楽しめる作品は確かにある。トニカクカワイイ第63話「今回はふせ字が多そうなのですがどうでしょうか?」"

やはり養殖より天然の方が強い。トニカクカワイイ第62話「魔性の天然はたちが悪い」 このエントリーをはてなブックマークに追加 やはり養殖より天然の方が強い。トニカクカワイイ第62話「魔性の天然はたちが悪い」

トニカクカワイイ第62話「魔性の天然はたちが悪い」

tonikawa062-001.png

シャーロットが天然というのは、なんとなくわかっていたけど、
彼女の場合はその行動が変な方向に向いている気もするので危ない。
寝起きの千歳の着替えを手伝うといって、服の中に手を入れるのとかないだろ......。
......これ、男性キャラだったら、某To LOVEるの主人公になるのでは?
でも、あの主人公よりは自発性があるっぽいから別ものになんるか。

ある意味、千歳に対しての行動だから、千歳が困るだけで留まるけど、
シャーロットが異性にやったら、いろいろと大変だろうな。

続きを読む "やはり養殖より天然の方が強い。トニカクカワイイ第62話「魔性の天然はたちが悪い」"

いっそ介錯してやるべきときもある。トニカクカワイイ第61話「深夜に送ったポエムなラインが死因の1つ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 いっそ介錯してやるべきときもある。トニカクカワイイ第61話「深夜に送ったポエムなラインが死因の1つ」

トニカクカワイイ第61話「深夜に送ったポエムなラインが死因の1つ」

今回はマンガがショートなので短めに。

tonikawa061-001.png

普段、クールで時にナサに甘える司さんでも、
深夜(早朝)に帰宅したナサにいった「ギュッて......してほしい......」は、
思い出すと死にたくなるらしい。
その場の雰囲気とか気持ちとかで言った言葉ってあとで思い出すと死にたくなることはよくあります。

いっそ記憶を消すか、殺してくれ!という経験は、きっと誰にあるもの。

tonikawa062-001.png

そんな恥ずかしさで死にそうになってるところに
要の「ゆうべはおたのしみでしたね」の挨拶で、ドキッとする。
司が言うように、
「人からみてやましいことも夫婦にとっては大事なコミュニケーション」
ではあると思う。
「そのやましいやつ」を見せて下さいという要は強いと思う。

トニカクカワイイ(6): 少年サンデーコミックス
畑健二郎
小学館 (2019-06-18)
売り上げランキング: 1,362
口の中に甘みが広がるそんな話です。 トニカクカワイイ第60話「なんじゃこりゃ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 口の中に甘みが広がるそんな話です。 トニカクカワイイ第60話「なんじゃこりゃ」

トニカクカワイイ第60話「なんじゃこりゃ」

tonikawa060-001.png

ナサの帰宅は朝方ということになって、若干不機嫌な司さん。
結婚してから初めての、一人の夜。
一人だとわかっていても、二人分の布団を敷いてしまっている。

決して寂しいからではなく、ナサが夜中に帰ってきても大丈夫なようにです。
疲れて帰ってきて自分で布団を敷くとか可哀想だしね。

続きを読む "口の中に甘みが広がるそんな話です。 トニカクカワイイ第60話「なんじゃこりゃ」"

通信技術が進化したのは人類が恋をしたからとかなんとか。トニカクカワイイ第59話「どれだけスマホが便利になっても寂しいのは寂しい」 このエントリーをはてなブックマークに追加 通信技術が進化したのは人類が恋をしたからとかなんとか。トニカクカワイイ第59話「どれだけスマホが便利になっても寂しいのは寂しい」

トニカクカワイイ第59話「どれだけスマホが便利になっても寂しいのは寂しい」

tonikawa059-001.png

ナサが一日だけ前の職場に復帰することになった。
めっちゃくちゃハードな職場らしい。
でも、お世話になった先輩からどうしても言われているから断れない。
おそらく泊まり込みになるかも。ということで、ナサは一日不在。

このあたりでよかったのはナサの前職場の先輩の話で
「映画とかによく連れていってくれた」
という事に司が「男の人よね?」と、確認と嫉妬を混ぜているところ。

そりゃあ、司は自分と再会する前のナサの人間関係になるから気になるか。

続きを読む "通信技術が進化したのは人類が恋をしたからとかなんとか。トニカクカワイイ第59話「どれだけスマホが便利になっても寂しいのは寂しい」"

とりあえず、カレーは安パイだと思ってた。トニカクカワイイ第58話「新時代に伝えたいイチャコラ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 とりあえず、カレーは安パイだと思ってた。トニカクカワイイ第58話「新時代に伝えたいイチャコラ」

トニカクカワイイ第58話「新時代に伝えたいイチャコラ」

tonikawa058-001.png

千歳たちも舞浜の遊園地にいたのか。
なんできたのかと思ったけど、
「すごく面白いものが見れると思うので」というシャーロットのセリフと
司とナサをみてキレる千歳で察した。

千歳に、司とナサを見せることで、その反応でシャーロットとアウロラが楽しむんだな。
今回のテーマは「未来へと語り継ぎたい、遊園地での夫婦イチャコラ」。

続きを読む "とりあえず、カレーは安パイだと思ってた。トニカクカワイイ第58話「新時代に伝えたいイチャコラ」"

キッカケなんていつでも何気ないもの。トニカクカワイイ第57話「花火が消える前に」 このエントリーをはてなブックマークに追加 キッカケなんていつでも何気ないもの。トニカクカワイイ第57話「花火が消える前に」

トニカクカワイイ第57話「花火が消える前に」

tonikawa057-001.png

前回の続きで、柳先生と谷口先生の関係性を見守る展開です。
問題は谷口先生が、柳先生との関係性をどうやって変化させるかですよ。

柳先生が自分の好意をスルーしてるのか、それとも単純に気が付いてないのか。

さて、どうしたものかと考えているところに、
「今日はどうして誘ってくれたんですか?」
と、この展開で定番の質問です。

定番の質問には定番の回答があるんですよ。
「そりゃあ、アナタのことが好きだからですよ」
みたいな。

それを使おうとしたら、他のお客さんが隣で同じ展開だったので、
谷口先生......気の毒に......しかない。

続きを読む "キッカケなんていつでも何気ないもの。トニカクカワイイ第57話「花火が消える前に」"

ラブコメでの無自覚ヒロインほど残酷なものはない。トニカクカワイイ第56話「負けられない戦いがいろんなとこにある」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ラブコメでの無自覚ヒロインほど残酷なものはない。トニカクカワイイ第56話「負けられない戦いがいろんなとこにある」

トニカクカワイイ第56話「負けられない戦いがいろんなとこにある」

tonikawa056-001.png

柳先生、一人で舞浜のテーマパークにきたと思っていたけど、
そんなことはなくて、同僚の谷口先生と来ていた。
むしろ、柳先生は今フリーです。

谷口先生曰く「入場券を当てた」。
......舞浜にあるテーマパークの入場券を当てた。

つまり、そういうことだ。

司は気がついた。
これはラブコメだ!

ラブコメで主人公とかが気になっているヒロインを、
デートに誘うやつですよ。

続きを読む "ラブコメでの無自覚ヒロインほど残酷なものはない。トニカクカワイイ第56話「負けられない戦いがいろんなとこにある」"

夢の国は人を楽しませるプロだよ。トニカクカワイイ第55話「このためだけに10年ぶりくらいに舞浜の夢の国に行った。一人で。雨の中で。」 このエントリーをはてなブックマークに追加 夢の国は人を楽しませるプロだよ。トニカクカワイイ第55話「このためだけに10年ぶりくらいに舞浜の夢の国に行った。一人で。雨の中で。」

トニカクカワイイ第55話「このためだけに10年ぶりくらいに舞浜の夢の国に行った。一人で。雨の中で。」

tonikawa055-001.png

司も、舞浜にある夢の国にいけるとなるとテンションが上がるらしい。
まあ、あの夢の国は、人を楽しませるのに特化してるから、行く人は楽しめるよね。
一方で、夢の国ガチ勢の人たちは、すごいらしいという話も聞く。

いざ、夢の国についたら、あいにくの雨。
それでも司のテンションは下がらない。
すぐにアトラクションを楽しもうとする司に雨ガッパを......。
え、なに、夢の国の雨ガッパはこんなかわいいの?

続きを読む "夢の国は人を楽しませるプロだよ。トニカクカワイイ第55話「このためだけに10年ぶりくらいに舞浜の夢の国に行った。一人で。雨の中で。」"

制服デートは実績解除しておくべきイベントだよ。 トニカクカワイイ第54話「セーラー服は可愛い」 このエントリーをはてなブックマークに追加 制服デートは実績解除しておくべきイベントだよ。 トニカクカワイイ第54話「セーラー服は可愛い」

トニカクカワイイ第54話「セーラー服は可愛い」

tonikawa054-001.png

男女の付き合い方を疑問に思うのはわかるけど、
ナサと司は、そのあたりをスキップして、結婚してるじゃん?
とはいえな、ナサの年齢を考えると高校生カップルらしいイベントというのも
経験したいというのも理解はできる。

高校生らしいイベントは、その時にしかできないしね。
でも、ナサも司も高校には通ってないんだよな......。

高校生らしいイベントに悩んでるところに、
銀河が「舞浜の遊園地のペアチケット」を結婚祝いとして持ってきた。
あの夢の国ですね。

続きを読む "制服デートは実績解除しておくべきイベントだよ。 トニカクカワイイ第54話「セーラー服は可愛い」"

1 2 3 4 5 6 7 8