アニメは10月2日(金)からTOKYO MXほかにて放送だよ。 トニカクカワイイ第127話「漫画もいいけどアニメも観てね!」 このエントリーをはてなブックマークに追加 アニメは10月2日(金)からTOKYO MXほかにて放送だよ。 トニカクカワイイ第127話「漫画もいいけどアニメも観てね!」

トニカクカワイイ第127話「漫画もいいけどアニメも観てね!」

気が付けばトニカクカワイイのアニメ放送も間近ですね。
というわけで本誌の感想に入る前に少しだけ、アニメについて触れます。


キャストは、司を鬼頭明里さん、ナサを榎木淳弥さんが演じられます。
PVやCMなどを見てると、鬼頭さんの司の声っていい温度感なので楽しみだし、
ナサもいいと思っているので、アニメでみるのが楽しみです。

放送情報などは公式サイトなどで確認して下さい。
TVアニメ「トニカクカワイイ」公式サイト

さて、本題へ。

a

幽霊屋敷に閉じ込められた紅蛍さんたち。
ドアが開かないなら、他のどこかを壊して脱出すればいいんだけど、
物を壊すとビックリするような賠償金を支払うことになるから、
壊すなと言われている。

窓も壊せないドアも開かない。
そうなれば、他の出口を探すしかない。
けど、廊下の奥から姿を首なしの鎧武者――将門の霊が姿を見せた。

当然、将門の霊とかドアが開かないというのは、仕組まれたもの。
シナリオや演出がないわけじゃない。
それらがなければ、動画研究部が取りたい恐怖映像なんてものは撮れないで、
学生が深夜に幽霊屋敷に行って、ちょっと怖い動画が撮れた。
で終わってしまう。
怖がらせ役は輝夜。
本気で怖がらせていいと言われている彼女なら、
とことんやりそう。

続きを読む "アニメは10月2日(金)からTOKYO MXほかにて放送だよ。 トニカクカワイイ第127話「漫画もいいけどアニメも観てね!」"

隙あらばイチャイチャする夫婦。 トニカクカワイイ第126話「将門と清盛は違う人」 このエントリーをはてなブックマークに追加 隙あらばイチャイチャする夫婦。 トニカクカワイイ第126話「将門と清盛は違う人」

トニカクカワイイ第126話「将門と清盛は違う人」

a

暗い三千院邸って相当怖いと思うんだよね。
あの広い空間に明かりがなにもないんだし。
しかも人がいなくなって、しばらく経って荒れ放題だし。

ナサたちが屋敷の中に入った一方で、白銀さん行方不明。
早いな。
どうやら下見に行って、それから連絡が付かないらしい。
三千院邸は広すぎて、ケータイもWi-Fiも入らない。
Wi-Fiはともかく、今時、ケータイの電波ぐらい入るのではないか?
山の中とか森の中とかならいざ知らず......。
まあ、そういうツッコミはヤボか。

続きを読む "隙あらばイチャイチャする夫婦。 トニカクカワイイ第126話「将門と清盛は違う人」"

主役の魅力は大事なことだよね。 トニカクカワイイ第125話「怖いもの見たさでみたらブラクラ画像だった」 このエントリーをはてなブックマークに追加 主役の魅力は大事なことだよね。 トニカクカワイイ第125話「怖いもの見たさでみたらブラクラ画像だった」

トニカクカワイイ第125話「怖いもの見たさでみたらブラクラ画像だった」

a

「夏になると肝試しをしたくなるわよね?」
相変わらず、綾姉の脈絡もない話ってすごいよな。
これだけで話の導入になるんだから、便利キャラクター。

で、綾姉が肝試ししたいといっているけど、その話で言えば、
丁度幽霊屋敷にいく話があったじゃん。

それがどうなるかと、ナサは断った。
理由は夜中にわざわざクーラーも効いていない暗い場所にいくのは......。
確かにモチベーションとしては上がり切らないよね。

で、綾姉がどうしてもいきたいということで、ナサは生徒に行っていいか聞いてみることになった。

続きを読む "主役の魅力は大事なことだよね。 トニカクカワイイ第125話「怖いもの見たさでみたらブラクラ画像だった」"

豪邸だって買い手が付かなければ幽霊屋敷になるさ。トニカクカワイイ第124話「心霊スポットでは幽霊より野生のヤンキーに遭遇する率の方が高い」 このエントリーをはてなブックマークに追加 豪邸だって買い手が付かなければ幽霊屋敷になるさ。トニカクカワイイ第124話「心霊スポットでは幽霊より野生のヤンキーに遭遇する率の方が高い」

トニカクカワイイ第124話「心霊スポットでは幽霊より野生のヤンキーに遭遇する率の方が高い」

a

動画研究部というのはわりとどこにでもあるような部活動なのだろうか。
最近だと映像配信も手軽にできるし、YouTuberとかもあるし、
確かに一昔前よりも部活動としてはメジャーなのかな。

さて、夏休みも近い、そして動画研究部、とくれば、
当然やることは動画作品を撮影することなった。

タイトルは「月夜の亡霊屋敷」。

街外れに古い洋館がある。
その洋館はある突然、住人が消えて、ガチで幽霊が出るという噂もあるらしい。

そこの撮影許可はすでに取っている。
今回撮影するものになにかシナリオが必要なわけではない。
女子高生が怯えながら、心霊スポットを回る。
それだけで面白い。
で、心霊スポットなんだからなにか起きる。

何かしら起きるかも実際こういうのって、なんのプランも用意しないでいくと、
そのまま何も起きなかったりするんじゃないかな。
でも、夜の古い洋館ってだけで、雰囲気はあるから撮影したら面白いか。

続きを読む "豪邸だって買い手が付かなければ幽霊屋敷になるさ。トニカクカワイイ第124話「心霊スポットでは幽霊より野生のヤンキーに遭遇する率の方が高い」"

「裸がいっぱい」ってタイトルじゃん!畑先生どうして......。 トニカクカワイイ第123話「裸がいっぱい」 このエントリーをはてなブックマークに追加 「裸がいっぱい」ってタイトルじゃん!畑先生どうして......。 トニカクカワイイ第123話「裸がいっぱい」

トニカクカワイイ第123話「裸がいっぱい」

a

ナサのスペックの高さから生徒からは、飛び級でハーバードとか出てるんでしょ?
とか言われるけど、実際、ナサは中卒です。
で、補習だからもっと勉強教えてよという言葉から、
「じゃあ、先生の家で勉強すれば?」という流れに。

いや、その流れはおかしい。
いくらナサの奥さんがみたいからといっても、生徒がそれを提案するのはおかしい。
で、そんなことがあって、うっかり「銭湯に間借り」してるなんて言ってしまうから、
余計に生徒の興味を惹くことになった。

続きを読む "「裸がいっぱい」ってタイトルじゃん!畑先生どうして......。 トニカクカワイイ第123話「裸がいっぱい」"

いつか池の水を抜くその日がきたら。 トニカクカワイイ第122話「たまにカッコよく見える」 このエントリーをはてなブックマークに追加 いつか池の水を抜くその日がきたら。 トニカクカワイイ第122話「たまにカッコよく見える」

トニカクカワイイ第122話「たまにカッコよく見える」

a

力仕事をしていたナサのことを思い出して、
「いいものをお持ちだ!」と司は気が付いてしまった。
普段は長袖パーカーで隠れていますからね。

あとデスクワークの印象と力仕事のギャップによるところもあるでしょうね。
ナサの意外性を見たことで、ちょっとナサを見るのに照れてしまう。
確かに普段見ない一面を見ることで、新鮮さを得て、変に意識してしまうこともあるか。

続きを読む "いつか池の水を抜くその日がきたら。 トニカクカワイイ第122話「たまにカッコよく見える」"

一回ぐらい池の水を抜いてみたいけど、大変だよなー。と思う。トニカクカワイイ第121話「バカからのとばっちり」 このエントリーをはてなブックマークに追加 一回ぐらい池の水を抜いてみたいけど、大変だよなー。と思う。トニカクカワイイ第121話「バカからのとばっちり」

トニカクカワイイ第121話「バカからのとばっちり」

a

綾姉はなにいってんだろうか。
確かに池の水全部抜くって面白いとは思うよ、。
池の水を抜きたいといっても、アレは結構大変だと思うんだよね。
それに有栖川さんちには池ないじゃん。

と、そこで綾姉閃いた。

池がなければ、池を作ればいいじゃない。
......池の水を抜くために、池を作るんですか?
そんなめんどくさい......。

綾姉提案の池の作り方は、穴を掘ってそこに水を入れる。
そんな簡単にはいかないでしょうよ。
土に水が吸われてしまうわ。

続きを読む "一回ぐらい池の水を抜いてみたいけど、大変だよなー。と思う。トニカクカワイイ第121話「バカからのとばっちり」"

ほぼ「由崎司の正体について考えてみる2」といっても差し支えない。 トニカクカワイイ第120話「命の花」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ほぼ「由崎司の正体について考えてみる2」といっても差し支えない。 トニカクカワイイ第120話「命の花」

トニカクカワイイ第120話「命の花」

a

ナサが夢を見ているのは、誰かの......まあ、司の記憶。
ナサは自分が夢を見ている状態で目を開けた。
夢を夢と自覚できれば、夢の中を自由に出来るという、明晰夢ですね。
だから、夢の中を歩き回った。

目に入ってくる建物の作りから飛鳥時代か奈良時代と考える。
さらに法隆寺がまであるし、わりと新しい。
つまり法隆寺時点で607年あたりの時代になるわけだ。
正確年数はわからなくても、飛鳥時代というあたりだろう。

なんでこんな夢を見ているのか、
その理由を司と奈良に旅行したからそれがキッカケとナサは考えた。

続きを読む "ほぼ「由崎司の正体について考えてみる2」といっても差し支えない。 トニカクカワイイ第120話「命の花」"

月に叫ぶ。 トニカクカワイイ第119話「千の夜の越えて」 このエントリーをはてなブックマークに追加 月に叫ぶ。 トニカクカワイイ第119話「千の夜の越えて」

トニカクカワイイ第119話「千の夜の越えて」

a

話の時間軸4年前にまで戻る。
作内時間で言えば、司とナサが出会った時よりも2年昔のことになる。

場所は御伽女子中学受験の会場。
そこで最後の追い込みをする紅蛍に。ふらっと現れた輝夜が、
どこを覚えればいいかを教えてくれた。

もちろん輝夜が教えてくれたものが試験に出て、紅蛍は無事に合格することができた。

これまでフルネームが出てこなかったけど、輝夜は「月光輝夜(げっこうかぐや)」という。

初対面の紅蛍からしても、彼女は天才というよりも、何でもできる魔法使い。
けど、なんでもはできなかった。
彼女は絶望的に生活力がなかった。

続きを読む "月に叫ぶ。 トニカクカワイイ第119話「千の夜の越えて」"

彼女の旅路はいつ語られるだろうか。トニカクカワイイ第118話「旅路の果て」 このエントリーをはてなブックマークに追加 彼女の旅路はいつ語られるだろうか。トニカクカワイイ第118話「旅路の果て」

トニカクカワイイ第118話「旅路の果て」

a

ナサが女子高に行くようになって、司はヤキモチを焼いていた。
別にナサが浮気をするわけではないけど、すごいモヤッとする。
きっとそれは独占欲からくるものなんじゃないかなと思うんだ。

司の自己分析だと女子高生たちと自分を比べられるんじゃないかという不安感、
でも、その根っこにあるのは寂しさ。

二人の時間が減ってるからそういうところから来てるんだろうな。

続きを読む "彼女の旅路はいつ語られるだろうか。トニカクカワイイ第118話「旅路の果て」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14