触れるべき触れないべきか。よふかしのうた 第95夜「髪切った?」 このエントリーをはてなブックマークに追加 触れるべき触れないべきか。よふかしのうた 第95夜「髪切った?」

よふかしのうた 第95夜「髪切った?」

a

コウくんが負った傷は、たった一日で完治。

いやいや、さすがにそれはおかしいでしょ。
この事態にはコウもおかしいと思っている。
事情を説明してくれそうな人物に話を聞くことにした。

もちろん、アンコこと目代さん。
会ってみたら......髪切った?
コウとナズナの間では、女性が髪を切ったことに触れるのは、
センシティブな話題らしいので触れるタイミングが難しい。

続きを読む "触れるべき触れないべきか。よふかしのうた 第95夜「髪切った?」"

全部置いて、温泉に行きたいときもある。トニカクカワイイ第162話「カローラIIに乗ってどこかに行きたい。温泉とか行きたい。もうこのさいどこでもいい」 このエントリーをはてなブックマークに追加 全部置いて、温泉に行きたいときもある。トニカクカワイイ第162話「カローラIIに乗ってどこかに行きたい。温泉とか行きたい。もうこのさいどこでもいい」

トニカクカワイイ第162話「カローラIIに乗ってどこかに行きたい。温泉とか行きたい。もうこのさいどこでもいい」

a

夏の教室というのは暑いものなんだけど、
最近の学校はエアコンの導入が進んで、
わりと快適な環境だったりするんじゃないかな?

でも、エアコンの操作は教師の許可が必要だったりするんかな?
ともあれ、夏は暑い。
そんな夏は海にいくのも良いし、避暑地でゆっくりするのもいい。
なんか紅さんの発言からだと、ナサと司が京丸にいくのについて来そう。

輝夜は見た目が暑そうだから、涼しい格好をしたら?と紅さんがいったけど、
「下着は全部脱いだ」
......輝夜さんどうしてそんな......。
羞恥心が気迫かもしれない。

続きを読む "全部置いて、温泉に行きたいときもある。トニカクカワイイ第162話「カローラIIに乗ってどこかに行きたい。温泉とか行きたい。もうこのさいどこでもいい」"

デロリアンは教養だ。いいからバック・トゥ・ザ・フューチャー をみよう。 このエントリーをはてなブックマークに追加 デロリアンは教養だ。いいからバック・トゥ・ザ・フューチャー をみよう。

トニカクカワイイ第161話「マッハでゴーゴーゴー」

a

時代は一気に巻き戻って1770年、場所はフランス、パリ。
マリーアントワネットの結婚式が行なわれた年ですね。

そこでキュニョーが作った世界最初の自動車(蒸気三輪車)に乗って動かした。
そして事故った。
予定調和ですね。

あとどうも司は、このときマリーアントワネットの教師をしていたのかな。
司がいつまでフランスにいたかはわからないけど、場合によってはフランス革命で、
マリーアントワネットが処刑されるのを見たのかな。
見てないにしても、後に彼女が処刑されたことを知ったとき、司はどう思ったのやら。

続きを読む "デロリアンは教養だ。いいからバック・トゥ・ザ・フューチャー をみよう。"

月読家ってだいたいポンコツなのでは? トニカクカワイイ第160話「それをやったら戦争だ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 月読家ってだいたいポンコツなのでは? トニカクカワイイ第160話「それをやったら戦争だ」

トニカクカワイイ第160話「それをやったら戦争だ」

a

前回のラストで登場したのは、鍵ノ寺栞。
千歳のお母さんですね。
名前自体は婚姻届けにあったのは知っていた。

先週の時点で、千歳のお母さんかな?と思っていたけど、
核心できなかったのは、千歳と時子さんほど似ていなかったからな。

栞の口ぶりからだと、司の正体は知っているけど、あんまり実感がないのかな。

千歳や時子さんは、司が不老不死、特に不死であることを目撃してるから、
実感あるんだろうけど、栞は不死について目撃はしてなさそう。

続きを読む "月読家ってだいたいポンコツなのでは? トニカクカワイイ第160話「それをやったら戦争だ」"

困った時はカレーに頼ればいい。 トニカクカワイイ第159話「カレーなんてもんは適当に作っても大体美味い」 このエントリーをはてなブックマークに追加 困った時はカレーに頼ればいい。 トニカクカワイイ第159話「カレーなんてもんは適当に作っても大体美味い」

トニカクカワイイ第159話「カレーなんてもんは適当に作っても大体美味い」

a

時子さんが亡くなったことは、テレビとネットで大きく報道されている。
彼女が成し得てきた功績を考えたら、報道の大きさは納得する。

時子さんはそれだけすごい人だったけど、
彼女が「ここまではやった。この先は任せた」と
ナサは後継者に選ばれた。

時子さんの意志を継ぐにも問題は、5Dデータの読み出し。
どうやって読み出すのか。
本当に検討がつかない。

読み出し用の装置の設計から始めないといけない。
そんな簡単じゃないけど、ナサ一人じゃなくて、輝夜の力も必要なんじゃないかな。

続きを読む "困った時はカレーに頼ればいい。 トニカクカワイイ第159話「カレーなんてもんは適当に作っても大体美味い」"

あの青空を越えて。トニカクカワイイ第158話「青空(後編)」 このエントリーをはてなブックマークに追加 あの青空を越えて。トニカクカワイイ第158話「青空(後編)」

トニカクカワイイ第158話「青空(後編)」

a

スイカを買って帰ってきた司。
そのスイカは、司にとって、時子さんとの思い出のアイテムでもある。
彼女なりの感傷だろう。

時子さんと一緒にスイカを食べた時のことを、昨日のように思い出せる。
長い時間を生きてきた司にとって、たかだか数十年前のことであって、
感覚的には本当についこの前のようなものなんだろう。

続きを読む "あの青空を越えて。トニカクカワイイ第158話「青空(後編)」"

MELODY IN THE POCKET トニカクカワイイ第158話「青空(前編)」 このエントリーをはてなブックマークに追加 MELODY IN THE POCKET トニカクカワイイ第158話「青空(前編)」

トニカクカワイイ第158話「青空(前編)」

a

時子さんとの回想シーンをやっていて気になっていたことがあって、
それが時子さんにいつ名前をあげたのかだった。

司と時子さんが出会ったときは、時子さんは記憶をなくしていて
名前も覚えてない状態だったわけだし。

気になっていたことへの答えが今回載っている。
ちゃんと司は「時子」という名前に意味を考えていたし、
その名前の意味も司が長い間生きてきたからわかる物だった。

続きを読む "MELODY IN THE POCKET トニカクカワイイ第158話「青空(前編)」"

誰かのために生きる。 トニカクカワイイ第157話「死に嫌われている」 このエントリーをはてなブックマークに追加 誰かのために生きる。 トニカクカワイイ第157話「死に嫌われている」

トニカクカワイイ第157話「死に嫌われている」

a

戦時中に焼夷弾から自分のことを守ってくれたとはいえ、
その人が目の前でグチャグチャの肉塊になったのをみたら、
トラウマだろうし、それが人の形に戻るのをみるのもトラウマだと思う。

けれど、そんな「ありえない」光景をみた幼い時子さんには、
司は神様に見えただろう。

そんなトラウマ級の光景を、千歳も見てたわけだよ。
自分を助けた人間が、落下してグチャグチャになるってやつを。

続きを読む "誰かのために生きる。 トニカクカワイイ第157話「死に嫌われている」"

「秘密」という言葉には魅力がたっぷり。 トニカクカワイイ第156話「光陰」 このエントリーをはてなブックマークに追加 「秘密」という言葉には魅力がたっぷり。 トニカクカワイイ第156話「光陰」

トニカクカワイイ第156話「光陰」

a

千歳にとって、司が隠れ住んでいる屋敷というのは、秘密の場所。
夏休みのときだけ麓の避暑地まで連れていってもらうけど、
屋敷には近づいてはいけない。

「近づいてはいけない秘密の場所」
そんなもの子供からしたら、興味の塊じゃないか。

で、その屋敷では司がマンガ読んで、過ごしてるんだよな。
タイミング的にハガレン完結なので2010年頃か。
背景のサンデーに結界師や神のみぞ知るセカイがあるところに、
時代を感じる。

進撃の巨人2009年連載開始
結界師2003年-11年、神のみぞ知るセカイ2008年-2014年。
といった具合なので、確かに連載はしてるんだよな。

アポロ計画から時間が経過してるけど、司としては目標を失っている状態。
月のその先を目指したとしても、そこに輝夜姫がいるのかもわからない。
それ以上にまた何もなかったときの喪失感はひどいだろうし。

続きを読む "「秘密」という言葉には魅力がたっぷり。 トニカクカワイイ第156話「光陰」"

月よりも遠い場所 トニカクカワイイ第155話「夢の終わり」 このエントリーをはてなブックマークに追加 月よりも遠い場所 トニカクカワイイ第155話「夢の終わり」

トニカクカワイイ第155話「夢の終わり」

a

人間が月に辿り着いて、その地に立った。
それは偉業だ。
1400年前から月に行くことを望んでいた司からしたら、
それはとてつもない達成感だっただろう。

でも、月に行くのは手段でしかない。
そこにいるはずの、輝夜姫から蓬莱による不老不死を解く方法を聞くため。

ただ、それは叶わなかった。
月に何かがあれば、それはもっと大騒ぎされていることになる。
「トニカクカワイイ」の世界においても、月には何もない。

それは司が求め続けていた一つの結末。

続きを読む "月よりも遠い場所 トニカクカワイイ第155話「夢の終わり」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19