思いは舞い上がって弾けて......。ハヤテのごとく!第431話「HANABI」 このエントリーをはてなブックマークに追加 思いは舞い上がって弾けて......。ハヤテのごとく!第431話「HANABI」

ハヤテのごとく!第431話「HANABI」

hayate431-001.jpg

ルカ編エピローグ完結でいいのかな?

アイスを買ってきて。
そういったルカの行動の原因は、かんおけリスト。
まあ、死ぬまでにやりたいことリストですね。
そういえば、前にルカが作っていましたね。
かんおけリストではローマのスペイン広場で食べることになってたけど、
さすがにその通りにはできずに、花火会場付近ですがね。

ちなみにルカにとって、かんおけリストが見られるのは
「オッパイ見られた方がマシよ」
じゃあ、みせてくださいよ!!
→本気で言ってるわけないでしょ、バーカ。
ひどい話だ

続きを読む "思いは舞い上がって弾けて......。ハヤテのごとく!第431話「HANABI」"

夏祭りの焼きそばは美味しく思えるよね。ハヤテのごとく!第430話「キラキラヒカル」 このエントリーをはてなブックマークに追加 夏祭りの焼きそばは美味しく思えるよね。ハヤテのごとく!第430話「キラキラヒカル」

ハヤテのごとく!第430話「キラキラヒカル」

hayate430-001.jpg

やっと同人誌対決も終わって、ビックサイト近くの夏祭りへ。
そういえば、夏コミの期間ってリアルに近場の花火大会とぶつかりますね。
更にお台場にあるとあるテレビ局のイベントともぶつかってますので、
わりとゆりかもめとかカオスですよね。
親子、浴衣なリア充、そしてコミケ帰りのオタク。

さてそんな話はともかく、西沢さんたちが見つけた花火がよく見える場所。
それはタワーマンション。
......人様の家ではなく、泉のところの持ち物。
そういえば、お金持ちですもんね。
別にこのタワーマンションに誰かが住んでるわけではない。

続きを読む "夏祭りの焼きそばは美味しく思えるよね。ハヤテのごとく!第430話「キラキラヒカル」"

十年後のあの夏に。ハヤテのごとく!第429話「十年後の世界」 このエントリーをはてなブックマークに追加 十年後のあの夏に。ハヤテのごとく!第429話「十年後の世界」

ハヤテのごとく!第429話「十年後の世界」

hayate429-001.jpg

連載の話数がかかったけどやっと一段落した同人誌対決。
まあ、エピローグらしいですがこれから......。
私、ここ数話の感想で「次からエピローグかー」的なことばかり書いてて
ほら吹きみたいになってる......。
いや、ホントにもうちょっとスパッとおわってエピローグと思ってたので。
ともあれ、勝負を終えたルカとナギはぐったりと疲れてる様子。
そりゃあ、疲れるよな。

問題はルカが、ナギにわざと負けたかどうか。
たった一冊分の差。
これが結局、どういう理由だったのかは本編でもBSでも触れられてません。
言うのも詳細を聞くのも野暮って物ですね。

続きを読む "十年後のあの夏に。ハヤテのごとく!第429話「十年後の世界」"

最後に残った物の正体。 ハヤテのごとく!第428話「僕ら、駆け行く空へ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 最後に残った物の正体。 ハヤテのごとく!第428話「僕ら、駆け行く空へ」

ハヤテのごとく!第428話「僕ら、駆け行く空へ」
※先週記事を作って更新したと思ったら、されてませんでした......。
hayate428-001.jpg

ハヤテだと思ってたけど、ルカの父親だったか。
行方不明だったルカの両親の登場はある程度予想していたけど、夏コミが終わった後かなと勝手に思っていた。
そうかルカのエピソードは、ちゃんと両親とのことが決着がつくのかと安心した。
ルカの両親の失踪は、借金を押しつけた後に事故に遭ったこと。
そのまま今に至る。
つまりルカの両親が黒須の患者だった。

続きを読む "最後に残った物の正体。 ハヤテのごとく!第428話「僕ら、駆け行く空へ」"

誰の悔いがないのか。 ハヤテのごとく!第427話「悔いはない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 誰の悔いがないのか。 ハヤテのごとく!第427話「悔いはない」

ハヤテのごとく!第427話「悔いはない」

hayate427-001.jpg

ナギの本も完売。
じゃあルカの本はどうなのか。
千桜が確認したところだと10分前に完売していた。
つまりナギよりも早く完売したということになる。
それはナギの負けを意味する。

続きを読む "誰の悔いがないのか。 ハヤテのごとく!第427話「悔いはない」"

手にした喜びを噛みしめて。 ハヤテのごとく!第426話「見えない壁、壊して」 このエントリーをはてなブックマークに追加 手にした喜びを噛みしめて。 ハヤテのごとく!第426話「見えない壁、壊して」

ハヤテのごとく!第426話「見えない壁、壊して」

hayate426-001.jpg

ずっと、ずっと、待っていた決戦の日。
先日、昨年頒布した同人誌のハヤテのごとく!のお茶会を読み返す機会があって、
ぱらぱらと見ていて、ハヤテのごとく!のカレンダーが、作内時間7/13まで情報書いてあり、
あれから約1年3ヶ月経過してやっと作内時間が一ヶ月経過したのかと実感しました。
元々、8/13日の同人誌対決が明示されたからはかなりの年月が経過してますね。

同人誌対決のルールは100冊の同人誌をどちらが一冊でも多く売れるのか。
勝者は......ある意味ハヤテを手に入れる?
ともあれ、人気アイドルのルカがそのまま同人誌を売るわけにはいかないので
いすみえもんから借りた不思議な仮面を被って勝負に臨むことに。
夏コミで仮面とか、ぶっ倒れそうで恐いですね!

続きを読む "手にした喜びを噛みしめて。 ハヤテのごとく!第426話「見えない壁、壊して」"

やれるのか? やるんだよ。 ハヤテのごとく!第425話「I'VE GOT TO RIDE」 このエントリーをはてなブックマークに追加 やれるのか? やるんだよ。 ハヤテのごとく!第425話「I'VE GOT TO RIDE」

ハヤテのごとく!第425話「I'VE GOT TO RIDE」

台風の日に外に出るとやっぱり大変なことになるんだなと実感しながら
サンデー買ってきましたよ......。

hayate425-001.jpg

「できるかな?」じゃない、やるんだよ。
決戦二日前に全部書き直して、やっと下書きも終えた。
クオリティもこれまでに比べれば上がっている。
でも、まだペン入れと背景の書き込みがある。
できるのか?
やるんだよ。
前のナギなら、「むりだよ、やめよう/あきらめよう」といって、
ハヤテやマリアさんが手伝ってくれたのかもしれない。
けど、今は違う。
別の仲間が助けてくれる。

続きを読む "やれるのか? やるんだよ。 ハヤテのごとく!第425話「I'VE GOT TO RIDE」"

きっと何者にもなれないナギに告げる ハヤテのごとく!第424話「特別な何か」 このエントリーをはてなブックマークに追加 きっと何者にもなれないナギに告げる ハヤテのごとく!第424話「特別な何か」

ハヤテのごとく!第424話「特別な何か」

hayate424-001.jpg

もう疲れた。
残り三日、ダメにした原稿、間に合うように描き上げたとしても売れない。
もう勝負が見えた。
だから、もういい、疲れた。
そんな弱音を吐いたナギを見て、マリアさんはいつもの自分の役割のように慰めに入ろうとする。
けど、それを千桜が遮った。

続きを読む "きっと何者にもなれないナギに告げる ハヤテのごとく!第424話「特別な何か」"

自分がなんのためにがんばるのか。ハヤテのごとく!第423話「termination」 このエントリーをはてなブックマークに追加 自分がなんのためにがんばるのか。ハヤテのごとく!第423話「termination」

ハヤテのごとく!第423話「termination」

hayate423-001.jpg

なぜマンガを描くのか?
二日間描いて5ページ。
実際は印刷所の都合とか考えると既に〆切りなんてとうの昔に過ぎてる気もするけど、
そんなことは気にしなくていい、気にしてはいけない。

とにかくナギは当日までに原稿を仕上げないといけない。
千桜に言われなくともわかってる。
間に合わない。
ナギからしたらこれまでにないほどマンガを描いてる。

ただ必死に原稿を描くしかない。
ナギが負けたらハヤテは、ルカの所へいき、さらには結婚してしまう。
ハヤテを失わないために、描き続けるしかない。

続きを読む "自分がなんのためにがんばるのか。ハヤテのごとく!第423話「termination」"

自分にウソをついて描くべきではない。ハヤテのごとく!第422話「陽炎の中、揺れる僕ら」 このエントリーをはてなブックマークに追加 自分にウソをついて描くべきではない。ハヤテのごとく!第422話「陽炎の中、揺れる僕ら」

ハヤテのごとく!第422話「陽炎の中、揺れる僕ら」

hayate422-001.jpg

カユラがルカに対して話を始めたのは、幼い頃に出会ったアイドルのこと。
スーパーの新装開店祝いに来た新人アイドルのミニライブ。
みすぼらしいステージ、数人の客。
それでもアイドルは全力で歌って、ライブの後にはお客さんと握手をし、
サイン入りのポスターを手渡した。
ライブ中はどんなステージ、観客でも平気だという風にしてたけど、
実は平気ではないんだとカユラでも気が付いた。

自分にウソはつけない、だからルカはウソが描けない。
幼い頃に出会ったアイドルは、水蓮寺ルカなんだからそれがよくわかる。
カユラの部屋には当時もらったサイン入りポスターが飾ってある。
......結構カユラはルカのことを好きなんだな。

ルカが描いた紫式部のお話。
作品を書くことよりも恋することを選んだ。
じゃあ、これに対するウソとはなにか?
ルカに置き換えれば書くことはアイドルでいることなんだろうし、
つまりは結局アイドルを捨てて恋に生きるっていうのはできないってことだろうか?
でも、カユラの言葉を受けて、ルカは自分がどんな話を書くべきかはわかったみたい。

続きを読む "自分にウソをついて描くべきではない。ハヤテのごとく!第422話「陽炎の中、揺れる僕ら」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51