2012年2月29日

慣れないことをすると体調を崩すよねっていう話。 ハヤテのごとく!352話「病は気から。気を抜くと病気になるという意味」 このエントリーをはてなブックマークに追加 慣れないことをすると体調を崩すよねっていう話。 ハヤテのごとく!352話「病は気から。気を抜くと病気になるという意味」

ハヤテのごとく!352話「病は気から。気を抜くと病気になるという意味」

6週間の休載が終わって、連載再開!

巻頭カラーで驚いたのが、法仙夜空が描かれていることでした!
......このキャラがカラーか。
王玉が五つ散りばめられていることから考えると夜空も関係するのか?
と思うのですが、ルカがいるのでちょっとわからなくなった。
ルカが実は......王玉持ってるとか言い出したらどうしようかと思いますが。

続きを読む "慣れないことをすると体調を崩すよねっていう話。 ハヤテのごとく!352話「病は気から。気を抜くと病気になるという意味」"

2012年2月22日

ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part5 このエントリーをはてなブックマークに追加 ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part5

17~20巻
hayate_saidoku_17.jpg

THE END OF THE WORLD
17冊積み重ねてきて、やっとハヤテ自身の物語が語られる。
印象的なのは、見開きです。
ハヤテとアテネ、王族の庭城。
ハヤテのごとく!におけるシリアス部分に近づく。
このハヤテ過去編では本当にハヤテの両親がダメだとわかるなー。
両親のダメっぷりをみていると、この両親すら帝が用意したんじゃないかと思ってくる。
アテネとハヤテの話である、過去編において、
三世院帝の計画の共犯者であったアテネがどれだけ孤独な思いをしてきたのか、
またそれを覚悟に幼い子供が帝の計画に賛同したのか、計り知れない。
孤独であったアテネにとって、同い年にハヤテは、拠り所であったんだろうな。
この頃のアテネは、キング・ミダスに憑かれてる状態が始まっていた。

続きを読む "ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part5"

2012年2月15日

ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part4 このエントリーをはてなブックマークに追加 ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part4

13~16巻
そんなに長編がないけど、割と人間関係が動いたといった感じかな?
割と忘れていていそうなのは、
・朝風理沙が巫女であること
・咲夜のメイドであるハルさん=千桜であることがバレていない。
・咲夜の誕生日で、本誌では姫神と思われるキャラが一コマ登場していた。
・ナギの四人目の幼なじみがいる可能性。
主な所はこのあたりですかね?
ナギの幼なじみに関しては、本当にいるかはわからない。

続きを読む "ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part4"

2012年2月11日

"希望"の歌を歌おう ハレルヤオーバードライブ!6巻 このエントリーをはてなブックマークに追加 "希望"の歌を歌おう ハレルヤオーバードライブ!6巻

ハレルヤオーバードライブ! 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
ゲリラライブですよ! ゲリラライブ!
若葉が仮面を被ってギター!
彼女が入って、ティアドライブのメンバーが決まったところですよ。
ゲリラライブをみていた、浅緋の登場は、ある意味ラスボスですね!

生徒会長の御角日向は良いキャラしてるな。
この人は前回の巻で、金属理化学研究部と敵対する関係かと思ったけど、
元金属理化学研究部の部員だった。
ゲリラライブで逃げられなかった場合の保険に、生徒会長を持ってくるとはさすがだな。
ティアドライブのメンバー揃ったことで、
次のステップへいかないといけない。
いや、いかざるをえない状況になった。
それは金属理化学研究部の三年が卒業すると同時に、金属理化学研究部を廃部ことから、
現役部員が成果を出さないといけない(小雨たちは知らない)。
楓が企んでるのは、ティアドライブをレーベルと契約させること。
......これが達成できれば確かに部としての成果が得られるし、
浅緋と戦うためのステージにあがれる。

で、廃部のことを楓が知る前から、ティアドライブの実力を上げるための話ははじまってた。
スイッチが入るとバツグンの実力を発揮する小雨、
冬夜と若葉は経験値がある。
そうなると、平凡に分類される麗がつらい。
じゃあ、どうするか?
これは次巻というあたり。

バンドといえば、もう一つ。
オリジナル曲の作成。
浅緋にとられた"希望"の代わりに、新しい"希望"の曲をつくる。
ハルはそれが目標だし、小雨はハルが悲しい気持ちにならない曲にならない曲をつくる。
それぞれの目標はそれだけど、二人で新しい曲をつくることに。

やはり、麗と小雨はやり取りをみてると、すごくニヤニヤするな!!!
で、次巻まだかー!

作者ブログ
MerryMerry.com

2012年2月 8日

ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part3 このエントリーをはてなブックマークに追加 ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part3

9巻から12巻まで
ヒナ祭り祭り前からヒナ祭り祭り終了と、大きなイベントが終わります。
ヒナギクとハヤテの関係の変化
西沢さんからハヤテへの好意
などもあるけど、
大きなモノは、ハヤテとアテネの関係について少し触れられるところ。

hayate_saidoku_09.jpg

今後のハヤテにとって重要なことなわけだ。
ここまでの話で、ハヤテ自身触れられる話というのはほとんどない。
このアテネに関しても軽く触れられているだけで、
まだ明確にどうなるというのは先のこと。

もう一人、マリアさん。
彼女のことは351話を通してもほとんど触れられていない。
彼女の物語が本格的に動き出したとき、ハヤテは終盤へとはいるのではないかな。

続きを読む "ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part3"

2012年2月 1日

ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part2

5巻から8巻。
このあたりでは執事が規格外の強さを持っていることが明らかになった。
剣道やりながら、超爆裂炎冥斬とか出てくるしな!
メインの舞台が三千院邸から白皇に移りつつあるため、クラスメイト(美希、泉、理沙)、ヒナギク、雪路の設定を固めている。
そういえば、白皇学院五つの伝統行事......どうなったんだ!!
マラソンとヒナ祭り、あと一つはゲーム内でやられていたけど、二つ残っているんだよな。

続きを読む "ハヤテのごとく! 7年間分351話+αを再読してみる。part2"