2010年11月10日

ルカについて考えてみる。 ハヤテのごとく!  このエントリーをはてなブックマークに追加 ルカについて考えてみる。 ハヤテのごとく! 

ハヤテとルカを主人公として対比を考えてみる。

さて、第296話「ルカ」からちゃんと動き出した新キャラ、ルカ。
新キャラといっても初回登場からずいぶん経ちますが。
現状わかっていることを列挙してみると

2010imgver3_num116.jpg

名前:ルカ 名字はまだ不明

クリスマスイヴに借金約一億五千万を背負った。
※第280話「It's DESTINY」で「サンタにさえ見捨てられたその日」
 と言ってることから推測
同人サークル「フライ・ドルフィン」をやってる。
不幸なことに巻き込まれやすい。
努力家
泣かない
なにかバイトしてる。
協力者がいるみたい

ここでハヤテに関しても簡単に。
名前:綾崎ハヤテ

クリスマスイヴに一億五千万の借金を両親に押し付けられた。
執事
不幸体質

わざわざハヤテを挙げたのは、
ナギとアテネが主(あるじ)としての対比関係とすると、
ハヤテとルカは物語の主人公としての対比関係にあるのかと
考えているからです。

共通部として、クリスマス・イヴに借金一億五千万円を背負ったことがある。
他にも不幸なことに巻き込まれやすいことがある。
端的にいえば、巻き込まれ型主人公/ヒロイン
大なり小なり、ハヤテと異なるところはあるけど、
一番大きくハヤテと違うのは「クリスマス・イヴ」に転機になる出会いがなかったこと。
hayate280-02.jpg
第280話「It's DESTINY」より

ハヤテがナギの屋敷でドタバタとやっていたころ、
ルカは何が起きても自分の力だけで解決してきたんだろう。
このあたりは不幸なことに巻き込まれやすい、自分自身でどうにかする
というハルさんの発言から推測できるかな。
ルカは自分の力で全てを解決しようと決めたハヤテだろう。

続きを読む "ルカについて考えてみる。 ハヤテのごとく! "

信じていいですか?ハヤテのごとく! 第296話「ルカ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 信じていいですか?ハヤテのごとく! 第296話「ルカ」

ハヤテのごとく! 第296話「ルカ」

2010imgver3_num115.jpg

ハヤテとロボ的なもののバトルに巻き込まれて負傷したルカ。
当然、ハヤテは病院に連れて行く判断をした。
よかった......ちゃんと病院につれていく展開だった。
でも、ルカはそれを拒否した。
ルカ自身もハヤテが自分のことを心配してくれてることをわかってる。
だから、何事もなかったかのように立ってみせたんだろうな。

でも、実際は身体はダメージ受けてるわけで、ルカが思ってるようにはいかない。
本人は身体を鍛えてる、痛いのには慣れてる。といっているけど、
この二つは強がりじゃなくて、ホントだろう。

続きを読む "信じていいですか?ハヤテのごとく! 第296話「ルカ」"

2010年11月 2日

巻き込まれヒロインですね!ハヤテのごとく! 第295話「偶然に偶然を重ねて人は誰かと出会う」 このエントリーをはてなブックマークに追加 巻き込まれヒロインですね!ハヤテのごとく! 第295話「偶然に偶然を重ねて人は誰かと出会う」

ハヤテのごとく! 第295話「偶然に偶然を重ねて人は誰かと出会う」

ルカはとにかく人気のないところを探してた。
なんでルカはとにかく姿を隠すんだろうな。
イマイチこの人にあまりに見られたくない。って感じのルカの行動がわからないんだよなー。

ナギはルカの同人誌を読みながら、オリジナリティー溢れる作品を描きたいと思っていた。
オリジナリティー......やっぱり300話でマジカルデストロイがくるようにしか思えないぞ!!

ハヤテの方は、ロボと戦っていた。
コスプレショーということにしておきたいので、ひたすら棒読みでそれっぽいセリフをいってるけど、
そこまでしなくても周りの人達的には、一種のショーにみえるんじゃないかな。

2010imgver3_num107.jpg

それにしても、触手プレイはどうだろうな!!!
そういえば、以前畑先生は「いい触手の資料がないかなー」みたいなことを
Twitterで言っていたな。
そうか、これのためか。

続きを読む "巻き込まれヒロインですね!ハヤテのごとく! 第295話「偶然に偶然を重ねて人は誰かと出会う」"

2010年10月27日

勝利への鍵は情熱だ ハヤテのごとく! 第294話「ルネッサンス、情熱」 このエントリーをはてなブックマークに追加 勝利への鍵は情熱だ ハヤテのごとく! 第294話「ルネッサンス、情熱」

ハヤテのごとく! 第294話「ルネッサンス、情熱」

2010imgver3_num097.jpg

法仙夜空が不思議な力で出現させたのは、なんかロボ的なもの。
ディテールのセンスがないな......。
法仙夜空の目的は、ムラサキノヤカタが建っている土地の秘密っぽい?
それと28代目と言われてる人物の写真がどう関係あるのかわからない。
それよりも法仙夜空の不思議な力の方が気になるところではある。

続きを読む "勝利への鍵は情熱だ ハヤテのごとく! 第294話「ルネッサンス、情熱」"

2010年10月20日

流行よりも魂ですか? ハヤテのごとく! 第293話「chAngE」 このエントリーをはてなブックマークに追加 流行よりも魂ですか? ハヤテのごとく! 第293話「chAngE」

ハヤテのごとく! 第292話「chAngE」

開場前に中に入るために、結局コスプレしたハヤテ。
ナギにもその姿を見られたくないっていうなら、開場前に入った意味があまりないような。
でも、初めから遠くからこっそり見守るのが目的だからいいのか。

2010imgver3_num084.jpg

薫先生がサークルで出してるのはフィギュア。
......どこからどうみても雪路です。
生徒の隣で、自分が好きな雪路をモデルにしたフィギュアを売る薫先生。
軽くバツゲームじゃね?
ハルさんはもう何かを察したみたいだけど。
そんなハルさんの隣でナギは、同人誌を読んで笑っていた。
ハルさんとナギが売っているフライ・ドルフィンの新作。
面白いらしい。

続きを読む "流行よりも魂ですか? ハヤテのごとく! 第293話「chAngE」"

2010年10月13日

ルカとナギの出会いはまだちょっと先 ハヤテのごとく! 第292話「君と出会う」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ルカとナギの出会いはまだちょっと先 ハヤテのごとく! 第292話「君と出会う」

ハヤテのごとく! 第292話「君と出会う」

2010imgver3_num076.jpg

ハルさんからの提案は、同時即売会にいかないか? というもの。
しかもサクチケまであるよ!
ナギは即売会に行ったことはないけど、イメージトレーニングはばっちり。
まあ、ナギの歳の人間をあの空間に連れて行っていいのか悩むところではある。

ハルさんが連れて行こうとしているのは、サンシャイン60でおこなわれるコミックサンデーというイベント。
というか、サンシャインクリエイションことサンクリですね!
落ち込んでいたナギは、だいぶ持ち直した感じ。
ハルさんが同人即売会に誘ったのも、ハヤテの差し金あってのこと。
そのあたりは、ナギに黙っていないとダメだろうな。
ハルさんとハヤテの取引材料は、ハヤテの美味しいお弁当。

続きを読む "ルカとナギの出会いはまだちょっと先 ハヤテのごとく! 第292話「君と出会う」"

2010年10月 6日

普段やらないことは何かのサインなんです! ハヤテのごとく! 第291話「どんな人でも見えない所で悩んでる」 このエントリーをはてなブックマークに追加 普段やらないことは何かのサインなんです! ハヤテのごとく! 第291話「どんな人でも見えない所で悩んでる」

ハヤテのごとく! 第291話「どんな人でも見えない所で悩んでる」

2010imgver3_num069.jpg

自分の夢は叶う。
それが前提にあった。
でも、マンガに関してプロと自分との力量の差を知ってしまった。
自分は夢を叶えられない大勢の中の1人だと。

マンガに関して現実が見えてしまったことで、
どうしたらいいのかわからなくなっていた。
ナギにとって、やっぱり三千院の遺産を失うよりも、マンガのことがショックだった。

続きを読む "普段やらないことは何かのサインなんです! ハヤテのごとく! 第291話「どんな人でも見えない所で悩んでる」"

2010年9月29日

栄光へは挫折を繰り返して辿りつく ハヤテのごとく! 第290話「ガンダーラは求めれば遠ざかるように出来ている」 このエントリーをはてなブックマークに追加 栄光へは挫折を繰り返して辿りつく ハヤテのごとく! 第290話「ガンダーラは求めれば遠ざかるように出来ている」

ハヤテのごとく! 第290話「ガンダーラは求めれば遠ざかるように出来ている」

足橋先生のマンガをみて、ナギは現実を見てしまった。
自分が描いた漫画で大ヒットを生み出す。
ナギの思いは「今」認められなくても、自分は「天才」だからいつか認められる。
そんな思いでマンガを描いていた。
これまで完璧なまでに、絶対的にまでに、現実を見せられないままに。

2010imgver3_num058.jpg

自分は「天才」でなければならない。
だから、自分が自分で「天才」ではない。そう認めるわけにはいかない。
それを認めたら、たぶんナギはもうマンガを描かないんだろう。
家賃収入と同等の手段として、マンガを持ち出したのはこの自分は天才で、
才能があると思っていたところからだろう。
冗談でもなく、ナギ自身は本気でそう思っていたんだから。

でも現実は、プロのマンガその才能、天才をみたら、残酷だったわけだな。
プロのマンガをみてしまったあと、紙くずにも等しい自分のマンガを読んでもらうなんて、
ナギには出来ないだろう。でも、マンガでどうにかしようとするならそれは通るべきところだろう。

続きを読む "栄光へは挫折を繰り返して辿りつく ハヤテのごとく! 第290話「ガンダーラは求めれば遠ざかるように出来ている」"

2010年9月22日

プロと素人の技術差を知ることは大事。 ハヤテのごとく! 第289話「すべてのまんが家がこうだと思ってもらいたい!」 このエントリーをはてなブックマークに追加 プロと素人の技術差を知ることは大事。 ハヤテのごとく! 第289話「すべてのまんが家がこうだと思ってもらいたい!」

ハヤテのごとく! 第289話「すべてのまんが家がこうだと思ってもらいたい!」

足橋先生の仕事場に伺うことになったナギたち。
でも、そのまえに西沢さんはナギがどんなマンガを描いたのか気になっていた。
ナギのマンガは普通の人には絶対難易度が高いはず。

2010imgver3_num047.jpg

でも、西沢さんは「マンガがとても上手」だと誉めた。
え!?
西沢さんからしたら、マンガって大体こんな感じじゃないかな? という。
普段からマンガを読まないから、受け取り方が違う。
それでもナギみたいなタイプは、誉められると調子に乗ってしまうところがあるわけで。
ナギの歳なら、友達から誉められると嬉しくなってしまうのはわかるけど、
それでも本当に連載を考えるなら、そこで満足してはいけない。

続きを読む "プロと素人の技術差を知ることは大事。 ハヤテのごとく! 第289話「すべてのまんが家がこうだと思ってもらいたい!」"

2010年9月15日

知ってる人からしたら有名人って他の人にはわかりにくいよね。 ハヤテのごとく! 第288話「チャレンジ13歳」 このエントリーをはてなブックマークに追加 知ってる人からしたら有名人って他の人にはわかりにくいよね。 ハヤテのごとく! 第288話「チャレンジ13歳」

ハヤテのごとく! 第288話「チャレンジ13歳」

2010imgver3_num044.jpg

ナギはハルや法仙をみて、家賃収入で生活費を賄うのつらいとやっと気がついた。
生活できるレベルでの家賃収入を期待するなら、かなりの入居者が必要になるしな。
そこでナギはプランCを早急に進めなければならないと言い出した。

え、プランC?


プランA:Fxや株
プランB:家賃収入
プランC:プロの漫画家になって収入を得る。


......箇条書きで書いてみると、プランCの異質さがよくわかる。

どこに持ち込むかは、当然小学館の少年サンデー。
ここでマガ○ンとかジャン○とかになるといろいろとアレですね!!
そもそもマンガを持ち込むって......ナギの......アレをだよな。
そりゃあ、ハヤテも心配するわ。

続きを読む "知ってる人からしたら有名人って他の人にはわかりにくいよね。 ハヤテのごとく! 第288話「チャレンジ13歳」"