2014年10月29日

はじまりはこんなんで、二話分でしたね。ハヤテのごとく! 第470話「サンタの赤は血の色地獄2014」 このエントリーをはてなブックマークに追加 はじまりはこんなんで、二話分でしたね。ハヤテのごとく! 第470話「サンタの赤は血の色地獄2014」

ハヤテのごとく! 第470話「サンタの赤は血の色地獄2014」

hayate470-001.jpg

ハヤテのごとく!連載10周年おめでとうございます。
巻頭カラーから冒頭をみて、思わずニヤリとしましたね。
カラーのリメイク、冒頭部分も十年前の一話のものでしたから。
正直、読み進めていって、「実は470話は、一話のリメイクか?」と嬉しい反面ヒヤヒヤしました。
ナギもいっているけど、一話を読みたいなら、コミックス1巻を買うといいよ。

続きを読む "はじまりはこんなんで、二話分でしたね。ハヤテのごとく! 第470話「サンタの赤は血の色地獄2014」"

2014年10月15日

伏線っていうのはどんどん溜まるもんだな。ハヤテのごとく! 第469話「資源ゴミの日を忘れがち」 このエントリーをはてなブックマークに追加 伏線っていうのはどんどん溜まるもんだな。ハヤテのごとく! 第469話「資源ゴミの日を忘れがち」

ハヤテのごとく! 第469話「資源ゴミの日を忘れがち」

hayate469-001.jpg

ハヤテやナギが生まれるより前。
紫子がムラサキノヤカタがあっている場所で、王族の力と出会っていた。
元々あの土地は、姫神一族が王族の力を守っていた場所。
紫子が出会ったのは、姫神葵(問題はナギの執事をやっていた姫神なのかというところ)。
姫神から、王族の力を使うには、王玉、しかも光を失っていない王玉がいると説明される。
紫子が、姫神との会話で「あなたを助けてあげる」といっていたけど、誰だろうか?
姫神ではなく、別の存在なんだけど、王玉か、王族の力か、またはキングミダスか、その他か?

続きを読む "伏線っていうのはどんどん溜まるもんだな。ハヤテのごとく! 第469話「資源ゴミの日を忘れがち」"

2014年10月 8日

友達の家 ハヤテのごとく! 第468話「See you again,hero」 このエントリーをはてなブックマークに追加 友達の家 ハヤテのごとく! 第468話「See you again,hero」

ハヤテのごとく! 第468話「See you again,hero」

hayate468-001.jpg

ハヤテのごとく!が10周年でしたね。
おめでとうございます。
さて、今回のサブタイトルが英語表記。
経験的に英語表記の話は結構大事な話。

先週から三世院の屋敷に戻ったナギは、作内時間三ヶ月前に自分がこの屋敷でなにをやっていた思い出せない。
高い椅子に座っても、座り心地はいいけど、ムラサキノヤカタにあったうすっぺらい座布団の方がいい。
ゲームをやってても一人じゃつまらない。
ハヤテやマリアさんの手伝いをしようとしても、当然ハヤテたちは断る。
自分は何もしなくても、周りがやってしまう。
ムラサキノヤカタとはやっぱり違う。

続きを読む "友達の家 ハヤテのごとく! 第468話「See you again,hero」"

2014年10月 1日

取り戻したものと失ったもの。 ハヤテのごとく! 第467話「日々」」 このエントリーをはてなブックマークに追加 取り戻したものと失ったもの。 ハヤテのごとく! 第467話「日々」」

ハヤテのごとく! 第467話「日々」

hayate467-001.jpg

アテネによるよくわかる王族の庭城の崩壊の仕組み。
先週までの情報だと、王族の力が外に持ち出されたから崩壊するのかと思っていたけど、王族の力は、城の外で使っても、自動的に王族の力に戻る仕組みなので違っていて、
実際は白桜が外に持ち出されたせい。
元々、白桜が王族の庭城に力を与えていたもの。だけど、今はヒナギクの手元にある。
白桜が力の供給源だったわけだけど、それを失ったので瀕死の状態。

王族の庭城がなくなったら、王族の力がなくなるかというと、そうだはないらしい。
王族の力を封印、隠していた場所が崩壊するだけなので、外側の世界に顕現して、
誰かの手に渡って使われることになる。

つまり、崩壊してしまったら、力使い放題になってどっかの誰かの手に渡ってしまう。

崩壊が白桜不在のせいと言われると、王玉で道を開いて白桜を戻せばいい気がするな。

続きを読む "取り戻したものと失ったもの。 ハヤテのごとく! 第467話「日々」」"