確かめにいこう、彼女の気持ちをハヤテのごとく!第240話「君への想いを」 このエントリーをはてなブックマークに追加 確かめにいこう、彼女の気持ちをハヤテのごとく!第240話「君への想いを」

ハヤテのごとく!第240話「君への想いを

2009img262.jpg

ハヤテに想いを伝えることは出来なかったこと、ハヤテに好きな人がいて、
自分が失恋したことを自覚したからか、泣きそうなヒナギク。
それでも泣かないのは、彼女のプライドの問題だろう。

続きを読む "確かめにいこう、彼女の気持ちをハヤテのごとく!第240話「君への想いを」"

動き出した彼の物語、変化せざる得ない関係 このエントリーをはてなブックマークに追加 動き出した彼の物語、変化せざる得ない関係

今回ハヤテのごとく!第239話「silky heart」でハヤテが、アーたんのことを自分の好きな人だと認めた。

王族の庭城での回想は、ハヤテの世界のプロローグ。
このミコノス島でアテネの世界もハヤテの世界も本格的に動き出した。
とくに、ハヤテの世界は239話を経てやっと本格的に動くことになる。

これによって、当然ハヤテと周りのキャラクターとの関係が大きく変わることになるだろう。
いくつか、予想されることを挙げる。
・ナギとハヤテの関係
・西沢さんとハヤテの関係
・ヒナギクとハヤテの関係
・マリアさんとハヤテの関係

これらが挙げられると思う。
もちろん、直接ハヤテとの関係以外でも、ヒナギクと西沢さんの関係も変化してくると思う。

続きを読む "動き出した彼の物語、変化せざる得ない関係"

僕にとって彼女は...... ハヤテのごとく!第239話「silky heart」 このエントリーをはてなブックマークに追加 僕にとって彼女は...... ハヤテのごとく!第239話「silky heart」

ハヤテのごとく!第239話「silky heart」

2009img252.jpg

ヒナギクに問われて、ハヤテは気がついたらしい。
でも、あれで、うまく隠していたつもりか?
まあ、台風の目は無風というからハヤテだけが気がついてないだけで、
ヒナギクはもちろんマリアさん、ナギ、もちろん西沢さんにも気付かれているわけで。

ハヤテにとってはヒナギクへのお礼を含めたディナー。
でも、ヒナギクとっては重要なディナー。
そんなことをハヤテは知るわけもなく。

でも、ヒナギクの問いかけにハヤテは、天王州アテネのことで悩んでいることを打ち明ける。マリアさんからのアドバイスがあったからだろうな。
アテネに言わないといけないことがあった、でも、自分のことを忘れている、いや自分を無視された。
それがショックで悩んでいた。

続きを読む "僕にとって彼女は...... ハヤテのごとく!第239話「silky heart」"

王様の耳と空回りな恋 ハヤテのごとく!第238話「言葉にならない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 王様の耳と空回りな恋 ハヤテのごとく!第238話「言葉にならない」

ハヤテのごとく!第238話「言葉にならない」

料理より告白だ!


2009img240.jpg

そう、ヒナギクはハヤテに告白しにきたのであって、ごはんを食べに来たわけじゃない!!
ハヤテにうまく気持ちが伝わらない。
だから、今回ちゃんと伝えようとしてるのに!

まあ、ハヤテですから......鈍いです。
がんばれ!

続きを読む "王様の耳と空回りな恋 ハヤテのごとく!第238話「言葉にならない」"

ナギの気遣い ハヤテのごとく!第237話「そして再び夜が来て」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ナギの気遣い ハヤテのごとく!第237話「そして再び夜が来て」

ハヤテのごとく!第237話「そして再び夜が来て」

セクシーですな


2009img238.jpg

SEXYって......西沢さんそのTシャツ。
確かにシャワー後にTシャツはSEXYかもしれないけど。

このTシャツの柄は、


アシさんに「柄、何でもいいから描いといて」
と頼んだら事もあろうに......。
ちっ......面白いじゃないか......。(畑先生のBSより)

アシスタントさんが描いたそうな。

西沢さんとしては、自分もハヤテを助けたんだから、自分もハヤテとディナーをしたい!ぱたぱたとワガママを言い出すのもわかる。
西沢さんがいなかったら、シスターに王玉を盗られたまま三千院家の遺産を失っていたかもしれないわけだし、
それを考えると何かあってもいいと思う。

そんな西沢さんへのお礼は、ナギからある。

続きを読む "ナギの気遣い ハヤテのごとく!第237話「そして再び夜が来て」"

マリアさんの大人のアドバイス ハヤテのごとく!第236話「一を聞いて十を知らない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 マリアさんの大人のアドバイス ハヤテのごとく!第236話「一を聞いて十を知らない」

ハヤテのごとく!第236話「一を聞いて十を知らない」

ヘリなんていらねぇよ夏


hayate236-01.JPG

デルフィ遺跡に感動する西沢さんとは反対にヒナギクは、
ヘリコプターに呪いをかけてた。
いやいや、確かに高所恐怖症のヒナギクにしてみれば、ヘリなんてなくなればいいものだろうけど、
この状況で呪いをかけたら、ヘリが落ちるんじゃないかと心配になる。

ちなみにナギたちが使ったヘリコプターは改修費込みで30億ほど。
うわ、すげぇ。

相変わらずハヤテはテンションが低い。
これはダメだね。
ありえないミスをしたりするかもしれないし、何よりも周りの女の子を心配させる。

デルフィ遺跡から次の場所への移動はジェット機。
......ヒナギク頑張れ。

続きを読む "マリアさんの大人のアドバイス ハヤテのごとく!第236話「一を聞いて十を知らない」"

悩むよりも行動したら?と思う ハヤテのごとく!第235話「月の欠けた空に」 このエントリーをはてなブックマークに追加 悩むよりも行動したら?と思う ハヤテのごとく!第235話「月の欠けた空に」

ハヤテのごとく!第235話「月の欠けた空に」

成長した君を


2009img226.jpg

ハヤテにとって、ヒナギクの話からするとアーたんが自分のことを忘れているわけはない。
でもなんで知らない振りをしたのか?
彼の結論は本当にアーたんに嫌われた。

実際の所は、アーたんはハヤテのことを嫌ってるわけはない。
それどころか成長したハヤテを思い出して、頬を染めたりしてる。
思っていたよりも、大きくたくましくなっていたから。
あの10年前の別れ方をしなかったら、自分と一緒にいてくれたのか?と夢想してる。

現実はハヤテは今は別の人を主として、その人と一緒にいる。
10年前の後悔よりも、今は王玉を。
それほどまでに、王玉を優先させる理由があるんだな。

続きを読む "悩むよりも行動したら?と思う ハヤテのごとく!第235話「月の欠けた空に」"

彼女は僕のことを覚えている ハヤテのごとく!第234話「千年経っても覚えている」 このエントリーをはてなブックマークに追加 彼女は僕のことを覚えている ハヤテのごとく!第234話「千年経っても覚えている」

ハヤテのごとく!第234話「千年経っても覚えている」

そして、僕は......どうしたんだろう


2009img224.jpg

アーたんが自分のことを覚えていないことにショックを隠せないハヤテ。
でも、自分は何を期待していたのかと自問する。

アーたんが自分のことを覚えていて、
自分が間違っていたことを伝えて、
誤解が解ければ、仲直りできて。
そして......。
その先はなんだろうか。
今と昔では、状況があまりに違う。

ハヤテは知らないけど、アーたんは王玉を手に入れるために三千院家の遺産を狙っている。
ハヤテは三千院家の、ナギの執事。
昔のように、アーたんを主として選ぶことは難しい。
それは今の主であるナギから離れることになるか。
そういう決断が必要になる。

もちろん、もっと多くの問題が生まれるよな。

続きを読む "彼女は僕のことを覚えている ハヤテのごとく!第234話「千年経っても覚えている」"

刻まれた君への想い ハヤテのごとく!第233話「Dearest」 このエントリーをはてなブックマークに追加 刻まれた君への想い ハヤテのごとく!第233話「Dearest」

ハヤテのごとく!第233話「Dearest」

hayate233-01.jpg

アテネとハヤテの出会いが黄金の日々の始まりだとしたら、
二人の再会は一体なんだろうか?
Beautiful World?
それとも、歩くことすらこんなんな茨の道?
そんな二人の再会を描くカラーはあの日の対比。
子供だった二人が、大人になり、
沈み行く太陽の代わりに、三日月が昇っている。

続きを読む "刻まれた君への想い ハヤテのごとく!第233話「Dearest」"

僕と彼女の美しかった世界 ハヤテのごとく!第232話「Beautiful World」 このエントリーをはてなブックマークに追加 僕と彼女の美しかった世界 ハヤテのごとく!第232話「Beautiful World」

ハヤテのごとく!第232話「Beautiful World」

前回のタイトルはANUBIS Z.O.Eから、
今回は「Beautiful World」はヱヴァンゲリヲン新劇場版から?
ロボ物ですか?!

彼女の存在


2009img208.jpg

ヒナギクの口から言われたのは、
天王州アテネは生徒ではなく、白皇学院の若き理事長であるという事実。
白皇の理事長は、キリカだけではなくて、5人いる。
天王州アテネ、キリカ、三世院帝、他二名。
この『二名』も誰かの知り合い、親族である可能性もある。
例えば、二名の中にハヤテの兄がいてもおかしくない?............かも?

白皇学園は天王州家のものみたいなもの。
それは、天王州家が時計塔あたり、白皇の敷地のどこから王族の庭城へ続いてることを知っていたということ?

アテネは既に飛び級で卒業しているから、ほとんど顔を出さない。
さらには去年の末......12月ぐらいだろうから、ハヤテが三千院家で執事を始めたぐらいから、
なおさら学校に来なくなった。

ハヤテが執事をやることになったのと、アーたんが来なくなったのは偶然だろうけど、
どちらかというと三千院家の遺産相続関係、王玉とかの絡みかな?

続きを読む "僕と彼女の美しかった世界 ハヤテのごとく!第232話「Beautiful World」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52