2010年3月31日

アテネとナギと空っぽの箱 ハヤテのごとく!第266話「そして笑顔になる」 このエントリーをはてなブックマークに追加 アテネとナギと空っぽの箱 ハヤテのごとく!第266話「そして笑顔になる」

ハヤテのごとく!第266話「そして笑顔になる」

GW編における大きなイベントはあらかた片付いてあとは日本に帰るだけ。
だけど、最後に寄ったのはミコノス島。
帝から借りてるプライベートジェットがミコノスにあるから。
冒頭から始まる水着シーンは文字通りサービスなんだろうな。
ほとんどのメンバーがいるのに、霞愛歌だけがいない。

2009imgver123.jpg

愛歌さんがいるのは、アテネの屋敷の跡。
......え、あの状態のままなの?
まあ、すぐにどうこうは無理だけど。

続きを読む "アテネとナギと空っぽの箱 ハヤテのごとく!第266話「そして笑顔になる」"

2010年3月29日

正義は勘違いで振り翳していいものじゃない べるぜバブ バブ54「神崎一」 このエントリーをはてなブックマークに追加 正義は勘違いで振り翳していいものじゃない べるぜバブ バブ54「神崎一」

べるぜバブ バブ54「神崎一」

神崎一が一人、問題を起こそうとしていた。
その理由は、石矢魔の女生徒が聖石矢魔の男子生徒に、ちょっかいだそうとしていたこと。
石矢魔の生徒が手を出せないから調子に乗ってるわけだな。
それをみた城山が割って入った。
聖石矢魔の生徒が声をかけたのは、石矢魔の生徒がきになったから。
人の恋路を邪魔するな、真剣だった、勇気を出したのに。と文句を受けた城山をある提案をした。

2009imgver120.jpg

城山らしい提案だと思うんだよ。
一発ずつ殴らせるからチャラにしろってのは。
だけど、それを聞いた聖石矢魔の生徒は加減をしらなかった。

殴っていい → 攻撃していい → 手加減なし。

よって、城山を鉄アレイで殴打。
さらにはダンベルを......落とした。
城山が鉄アレイに文句をいわなかったのは、殴らせるということを貫いたからだろう。
石矢魔の女子生徒が救急車を呼んだから、城山は病院へ運ばれたらしい。

続きを読む "正義は勘違いで振り翳していいものじゃない べるぜバブ バブ54「神崎一」"

世界の運命の分岐点 ONE PIECE 第579話「勇気ある一秒」 このエントリーをはてなブックマークに追加 世界の運命の分岐点 ONE PIECE 第579話「勇気ある一秒」

ONE PIECE 第579話「勇気ある一秒」

トラファルガー・ローの登場によって、ルフィがどうにかマリンフォートから脱出出来る見通しが得られた。
でも、以前としてマリンフォートでは戦いが続く。
戦いは大きく二つ。
1.「白ヒゲ海賊団」の追撃
2.「黒ヒゲ海賊団」の迎撃

黒ヒゲ海賊団の方は、ティーチが自分の力に良い始めた。

2009imgver117.jpg

そのティーチの能力の余波はシャボンディ諸島に大津波警報を発令させるほど。
ティーチの身体の構造が異形といっても、結局どうやって二つ目の能力を得たんだろうか。
白ヒゲの悪魔の実の能力をどうやって得たのか。
また、どうして二つ目の能力を手に入れて大丈夫なのか。

能力者の中にある能力をどうやって抽出したのか......。
悪魔の実に再変換したとして、その方法が不明だしなー。
ティーチの身体に秘密があるとしても、そもそも"体質"っていうだけでは片付けられない。
もうヤミヤミとグラグラ以外に何かの悪魔の実の能力を持ってるのかな?
能力を抽出した能力と二つ目の悪魔の実の能力を宿しても大丈夫なのは別かー。

続きを読む "世界の運命の分岐点 ONE PIECE 第579話「勇気ある一秒」"

2010年3月25日

ハヤテのごとく!第265話「木の芽風」に対するハヤテブロガーの反応 このエントリーをはてなブックマークに追加 ハヤテのごとく!第265話「木の芽風」に対するハヤテブロガーの反応

今回は「選ぶ」ということが中心かな? ハヤテにとってホントに好きな人のイベントだからこそいろいろと意見があるわけで。
あとは一年近くやってきたGW編の長さ、その中でハヤテは何も選んでいないってところかもしれない。

kiyoliveまああれだよ。ハヤテだめだよ。 *Tw*link
takahina17@kiyolive ハヤテは流された! だなー。あれはなー。link
takahina17今週の話は、アテネサイドからみればそれなりにみえるけど、ハヤテがどうなの?ってみると、あらーー。ハヤテおまえは・・・って感じだlink
kiyolive@takahina17 だね *Tw*link
takahina17@kiyolive アテネが自己完結してしまったからね・・・・。あれはちょっと残念な気もするlink
kiyolive@takahina17 アテネの自己完結を上回るだけの主体性のない主人公が問題。 *Tw*link
takahina17@kiyolive ハヤテはあの場面において、反論をするのがベターだったのかねー?link
bbkiri先週アテネに切り出させた時点でハヤテの主体性はまあ。link
grepan@kiyolive ハヤテが本気で不味そうだったので、読むのを保留している僕には死角はなかった。あのまま終わりって、テンションだだ下がりで仕事に差し障りがでるし(苦笑)。ネギまがお休みなのでコンビニに寄ってないです。――なんだかなー。link
kiyolive@takahina17 反論すべき、というよりも、「本当にすきな女ならそこでなんとか自分のものにしてみせろ」というか。もうちょっと広げると、「提示された選択肢を選ぶんじゃなくて、自分で選択肢を作り出せ」かな。 *Tw*link
takahina17@kiyolive ああ、引き止めろよ!的なものか。確かに、ハヤテは流されすぎて、あれよあれよといううちにフラれたからねー。link
calm019そんな訳で今週のハヤテ読んだけど...まあ、うん。これでアーたん退場かと思うと色々と寂しいですね。link
calm019GW編を一言で書くと「長い」、二言で書くと「アーたん可愛い。けど長い」となるだろう。link
y_november10今週のハヤテ読んだ。アテネとはこれでお別れ、ちょっと残念。でもそのうちまた出るよね。マキナの話とか、まだしてないし。link
takahina17結局ハヤテは、GWでいったい何を決断したんだろうなlink
y_november10過去は清算したが、ハヤテにとってここからが本当の戦いだ!第一部完、第二部突入やね。link
paletterまだサンマガ読んでないけど記事チラッと見た。......「選ばない」こと自体は、単体としてはそこまで悪いことではないと思うけど......なんだろう、バランス感覚の問題なのでしょうかね。うーん、なんていうかな。link
paletter「選ばないこと」だけに関して言えば。たとえばこれが、十巻とかそのくらいの時期だったら許されるんだろうなーなんて思う。どう見ても「過程」の時期だから。さて、二十五巻とかそのあたりでこれが許されるのかというと......link
bbkiri@paletter 自分の本当に好きな人と別れるっていうイベントだから、余計にね。アテネ登場から数えても、一年近く費やした結果だし。link
paletter......ここ心情的に複雑なんですけど、全体の構造をちゃんと意識するならば、「許されるはず」だと思うんだ。終了予想とかだって、そもそも短めのですら十二月終了、人によっては三月とか一年後の十二月三月なんだし。全体で見るなら、ここもあくまで過程なんだ。駄菓子菓子。link
paletterだから、まあ、作者さんからしたらここだって本当に過程にすぎなくて、これを踏み台にした主人公の選択がいずれ描かれるのだろうということくらいはわかる。わかるのだけどね......wlink
paletterなんとなく先が在るのだろうとはわかっていても、読者には作者と違って先が見えるわけじゃない。明かされる不思議設定の数々により世界は変容し、そして、二十五冊。初期からの読者は五年の付き合い。アーたんも登場して今までで最大の山場。link
grepan構造的には、ハヤテの選択は最後にくるのが妥当だから、ここは選択しなくても実は平気な筈なのだけれどね。ただ、個人的には選択したけど成就しない話がそろそろ欲しかったわけで......link

結局、ハヤテは彼自身が何かを決めないままGW編が終わってしまった。
そのあたりは、主人公が決めない、ということ - 明日はきっと。の記事が詳しいのでそちらをどうぞ。
カームさんが言ってるように更新するだけで騒がれるポジションはおいしいよな......。

2010年3月24日

あなたの涙は誰かのために ハヤテのごとく!第265話「木の芽風」 このエントリーをはてなブックマークに追加 あなたの涙は誰かのために ハヤテのごとく!第265話「木の芽風」

ハヤテのごとく!第265話「木の芽風」

天王州アテネはハヤテの態度でわかってしまった。
なぜ、ハヤテが自分を助けに来たのか。
三千院ナギがなぜ王玉を壊したのか。

アテネにはわかってしまった。
ハヤテとナギの間の絆がどういうものなのか。
10年前、心に傷を持っていた自分たちは、お互いでお互いの心を癒していた。
でも、もうそれは必要ない。
ハヤテにとっては。

アテネにとって、ハヤテは必要な人。
でも、ハヤテにとってはナギが必要。
ハヤテはどこかでそれをわかっていて、わかってない。
アテネはそのことをわかっていて、自分だけが傷つくことを選ぶことで、ハヤテを拒絶することを選んだ。
試しに一億五千万の借金をアテネが肩代わりするという提案をしたのは、
ハヤテに戸惑いを生むためかな。
実際アテネの財力だったら借金を肩代わりすることぐらいできるだろう。
ここでアテネの申し出が別の形であったら、ハヤテはアテネEDになっただろうな。

2009imgver114.jpg

ついさっきまでハヤテのことが「好き」でいた。でも、ハヤテの口から出てきたナギのことで、ハヤテへの想いを過去形にした。

その言葉が一番ハヤテを、自分から引きはがすことに繋がると知っていたから。

続きを読む "あなたの涙は誰かのために ハヤテのごとく!第265話「木の芽風」"

2010年3月22日

木山せんせい大勝利! アニメ週刊御坂美琴24号(最終) このエントリーをはてなブックマークに追加 木山せんせい大勝利! アニメ週刊御坂美琴24号(最終)

mikotoanime24-00.jpg

とある科学の超電磁砲#24「Dear My Friends」

続きを読む "木山せんせい大勝利! アニメ週刊御坂美琴24号(最終)"

2010年3月20日

新時代へのうねり ONE PIECE 第578話「新時代へ贈るもの」 このエントリーをはてなブックマークに追加 新時代へのうねり ONE PIECE 第578話「新時代へ贈るもの」

ONE PIECE 第578話「新時代へ贈るもの」

ティーチがグラグラの実の能力を手に入れたことで動揺が広がる。
新しい能力を手に入れたティーチは力を使いたくて仕方がない。

2009imgver106.jpg

海軍本部を沈めるということは、どれだけ世界にインパクトを与えることだろうか。
もちろんそれだけのことを簡単にはさせない。
センゴクが黒ひげを止めに入る。
そういえば、センゴクの能力ってなんなんだろうな。
超人系(動物系ではないよなー)だとは思うけどね。

続きを読む "新時代へのうねり ONE PIECE 第578話「新時代へ贈るもの」"

頭の良さはクイズに答えられるかどうかじゃない べるぜバブ バブ53クイズです このエントリーをはてなブックマークに追加 頭の良さはクイズに答えられるかどうかじゃない べるぜバブ バブ53クイズです

べるぜバブ バブ53クイズです

前回は葵とさかきで一悶着あったけど、どうにか戦わずに事は収まった。
けど、男鹿じゃ、そんな器用なことができるとは思えない。
アレックスからベル坊をおろすようにいわれても、そのまま戦うことに。
まあ、15メートル以上離れたら電撃来るしね。

2009imgver110.jpg

アレックスは普通に殴ってきてるのにクイズを出題!

あるところにおじーさんとおばーさんがいました。
さて、強いのはどっちでしょ!

そのクイズはわからんよ。
わからないよ。

続きを読む "頭の良さはクイズに答えられるかどうかじゃない べるぜバブ バブ53クイズです"

2010年3月18日

ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」に対するハヤテブロガーの反応 このエントリーをはてなブックマークに追加 ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」に対するハヤテブロガーの反応

1.ハヤテは「選択」出来ないのか?
2.ギャルゲ手法

上の二つがついったーでの割と中心だったことです。

kiyolive【今週のハヤテ】この主人公は「選ぶことができない」主人公なのだろうか。 *Tw*link
takahina17@kiyolive ハヤテは結局なにもえらべないのかもねー。今回のアテネのフェードアウトしそうなのも、アテネ自身で選んでしまったし・・・・。link
kiyolive@takahina17 「女の子が決める」というエロゲ文法に近いものを感じた。 *Tw*link
takahina17とりあえず、綾崎イクサはねぇよ!! 漢字だと綾崎戦か? 兄貴はどこにいったんだろうなー。と思ってやっぱりシラヌイか!と思うけど、ちげぇよなーlink
takahina17@kiyolive まあ、次回でどうなるかだけど、アテネのフェードアウトはほぼほぼ確定?今後はスポット参戦かね? 王族の庭城関係で。link
takahina17アテネが王族の庭城にいく積極的理由がなくなったからなー。ハヤテとナギがいくような理由も今のところは遺産関係ぐらいか? ああ、紫子が持ち出した王族の力があるか。link
bbkiriアテネが認めるのはいいとして、ハヤテ側から切り出しちゃだめなの? 何をもって三千院家の執事として、アテネを救うなの? が感想。link
calm019今週のハヤテ。一応来週とワンセットの話らしいので保留にしておきますが、おおむね皆さんと同じ感想。アテネの王玉を求める動機に関してもまた色々ともにょるんだけど。link
grepan@kiyolive 一読して、言葉が無かったです。いや、確かに僕達の持論ではありましたが......「綾崎ハヤテは決断しない」orz 来週、逆転の目はあるのでしょうか? うぐぐ......link
grepan正直、このタイプの抑止の構造を使うなら、アテネとナギは面識がないと辛いなぁ。それでも、ハヤテはアテネを「好きだと思っている」と言う自重の二重掛けの併用は凡庸に過ぎないか?link
grepanま、結末を読んでからですね。link
kiyolive@takahina17 次回次第だけど、まあアテネのフェードアウトは確定かなと。そもそも残ったらアテネが強すぎて崩壊するっしょ。 *Tw*link
kiyolive@grepan 本当にギャルゲなんだなあと思いました...。もうだめだ......。 *Tw*link
kiyoliveアテネは決断したと言えるだろうけど、まあその、そこに至るまでの過程がなんだかもにょもにょ...。 *Tw*link
kiyolive三千院帝がハヤテに示した2択は、すべて「本来ハヤテが選ぶべき対象であったヒロイン」によってすべて潰され、見事ハヤテは選択することを回避した、と...。 *Tw*link
takahina17@kiyolive アテネのフェードアウトはいいんだけど、今回をみるとアテネの自己完結で終わってるのが、なんともなーっていうのがあるlink
kiyolive@takahina17 その辺がまたもにょもにょ...。 *Tw*link
takahina17結局ハヤテは自分では決断してないよな-。よくでる話だけど。link

きよさんがほとんどいってますけど、ハヤテは何も「選択」できていない。
ナギかアテネかという三千院帝が提示した選択肢に対しては、
本来ハヤテが選択するべきものと考えるものだけど、それぞれナギとアテネが「選択」してる。

ハヤテがギャルゲ的ということに関しては次の記事あたりでも。
ヒナギクさんちの晩ご飯:『ハヤテのごとく!』がギャルゲー的な10の理由 - livedoor Blog(ブログ)
ギャルゲコミカライズ手法とバランス感覚の欠如 - 明日はきっと。
「ハヤテのごとく!」はようやく「綾崎ハヤテの物語」になる - 明日はきっと。

ちなみに、綾崎イクサについて。

okina_r@takahina17 ライフセーバーズに戦部大和って額に傷のあるキャラが!link

おきなさんが言ってる戦部大和は、

lifesaver_ikusabe.jpg

こいつ。確かに額の十字傷もあるしなー。
ライフセイバーズの10年前には宗谷(西沢さんのクラスメイト)を助けてる。
一応、ハヤテとライフセイバーズはほぼ同じ時間軸だったはずなので......。

2010年3月17日

あなたの隣にいるべき人 ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」 このエントリーをはてなブックマークに追加 あなたの隣にいるべき人 ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」

ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」

隙間


2009imgver099.jpg

アテネが王族の庭城から出たときには白桜が近くに立っていた。
そのまま一年以上、眠ったままだったらしい。
だからなおさら、ハヤテ兄がどうなったかを気にしていた。
アテネが王族の庭城から出ているなら、ハヤテ兄も一緒に出ているだろうと思っていた。
でも、去年、アテネの中のキング・ミダスが目覚めたときに本当に外に出たのか?といった。
......てか、どうしてアテネの中にキング・ミダスがいたんだろうか。
やっぱり、一部ぐらいはアテネに取り憑いてたのか。

ただ、キング・ミダスとアテネが王族の庭城へいく利害の一致が一度でも生じてしまったのは事実。
それによって、アテネは王玉を求めるようになった。

続きを読む "あなたの隣にいるべき人 ハヤテのごとく!第264話「鐘の音は未来に響く」"

1 2