幸せでいて欲しかった。よふかしのうた 第83夜「まじでごめん。」 このエントリーをはてなブックマークに追加 幸せでいて欲しかった。よふかしのうた 第83夜「まじでごめん。」

よふかしのうた 第83夜「まじでごめん。」

a

ナズナは吸血鬼を殺そうとしている探偵が、
かつての友達である、目代さんであることを仲間に話した。

ナズナは探偵の話を聞いたときに、それが目代さんだと予感していた。
でも、話をしなかったのは、
違っていて欲しい、目代さんんいはどこかで幸せに生きてて欲しかった。
という思いがあったから。

こうなったのは全部自分の責任だから、目代さんを止める。
ナズナの宣言はわかるけど、それは想像してるよりも大変だよ。

でも、ナズナがやるしかないよな......。
目代さんがどういう行動を取るかわからないけど、
「星見キク」と対峙したときが一番大変だろう。

続きを読む "幸せでいて欲しかった。よふかしのうた 第83夜「まじでごめん。」"

最後の最後まで、アナタはアナタらしく。トニカクカワイイ第152話「GIFT」 このエントリーをはてなブックマークに追加 最後の最後まで、アナタはアナタらしく。トニカクカワイイ第152話「GIFT」

トニカクカワイイ第152話「GIFT」

a

前回千歳がきたのは、ナサに渡すものがあったから。
それは亡くなった時子さんの遺書。
マジメな出だしだと思ったら、時子さんは相変わらず、遺書でもふざけている。
それでも遺書の内容は古い友人でもあり、家族でもある、司にも聞いて欲しい。

司への言葉は、願いを叶えてあげることができなかったことへの謝罪。
確かに願いを叶えることはできなかったかもしれないけど、
月の石を手に入れたことは、確かな成果だと思う。

続きを読む "最後の最後まで、アナタはアナタらしく。トニカクカワイイ第152話「GIFT」"

気が付けばブログ開始から15年だってよ。 このエントリーをはてなブックマークに追加 気が付けばブログ開始から15年だってよ。

どうも、タカヒナです。

マンガとかイベント感想更新以外はほぼしないですが、
今回はブログ的に節目なので更新しておこうかと思います。

続きを読む "気が付けばブログ開始から15年だってよ。"

だから、吸血鬼を憎んだ。よふかしのうた 第82夜「やぁ、吸血鬼」 このエントリーをはてなブックマークに追加 だから、吸血鬼を憎んだ。よふかしのうた 第82夜「やぁ、吸血鬼」

よふかしのうた 第82夜「やぁ、吸血鬼」

a

目代さんの家を訪れたナズナは、そこで何があったかはわからない。
ナズナに何があったかを聞かれても「別になにも」と目代さんは答えたし、

目代さんからナズナへの質問
「七草もあの時私を殺せたのか? お前も血を吸って人を殺せるんだな?」
ナズナの回答は「致死量を吸えば」。
この質問自体はただの確認みたいなものだったんだろうな。

もしかしたら、
自分の父親がおかしいだけで、ナズナにそれができないのかもしれないと思ったのかも。
でも、やっぱりただの事実確認だよな。

続きを読む "だから、吸血鬼を憎んだ。よふかしのうた 第82夜「やぁ、吸血鬼」"

平常心でいようと思ったところで平常心にはなれないよ。トニカクカワイイ第151話「一応、言っておくと18歳と16歳(仮)の夫婦なのである」 このエントリーをはてなブックマークに追加 平常心でいようと思ったところで平常心にはなれないよ。トニカクカワイイ第151話「一応、言っておくと18歳と16歳(仮)の夫婦なのである」

トニカクカワイイ第151話「一応、言っておくと18歳と16歳(仮)の夫婦なのである」

今週も短めなので、記事も簡単に。

a

たった一週間でも離れていたら、ドキドキするもの。
前回の話で意識してしまってるから、ナサくんはこのあと一緒に寝るのが困ってる。
気持ちはわかるが、自分を抑えてくれ、ナサくんよ。
でも、まあ、きっと無理でしょう。
もちろん司も恥ずかしがっているから、この夫婦どっちも落ち着きがない。

二人とも平常心を心がけることにしたけど、
平常心を意識しても、ほとんど平常心でいるってできないと思うんだよね。


a

平常心を意識した結果、変な空気になった。

ダメじゃん。

互いの指先が触れただけで、とても意識してる。
やっぱりダメでは?
意識しすぎた結果、何か間違えが起きたらいけないから、
布団を離すことに......。

君たちさ......。
この続きはコミックスのおまけということで畑先生に期待しましょう。