手を繋いで歩いていこう。 ハヤテのごとく! 第568話(最終話) このエントリーをはてなブックマークに追加 手を繋いで歩いていこう。 ハヤテのごとく! 第568話(最終話)

ハヤテのごとく! 第568話「この何よりも広い星空の下で、君に話したいことがあるんだ」

ハヤテの最終話の感想をどうやって書こうか。というのが、読み終えた後の率直な感想でした。
いつものようにやろうかと、昨日2017年4月11日までは思っていたんです。
ただ、ハヤテ読み終えて、それはどうかな?と思ってきた。
ともあれ、いつもの感じの感想記事。
......結局それか。

物語としては前回の話で結末を迎えていたなと思っていたので、
このラスト568話はエピローグだろうと思っていた。
ま、その通りでしたね。

ハヤテの両親は自分たちがしてきたことの罰を受け、
姫神も報われる形であったと思う。

ハヤテの両親については、放っておけばなにかをしでかすだろうし、
それでまたハヤテが不幸を受ける形になっていたと思う。
だから、

hayate568-001.jpg

ヒスイはよくやってくれたと思う。
あと引用はしてないけど、イクサは記憶がきっと戻ってないだろうけど、
黒須先生がそそのかしたのか知らないけど、父親に対して制裁を加えて、ハヤテを助ける形になった。

姫神は紫子が自分との約束を覚えていてくれただけで充分だったんじゃないかな。
それにしても王玉、王族の力では人を生き返らせることはできなかったのか。
つまり、姫神の願いは元々叶わなかったことになるか。
今回作内じゃ、描かれなかったけど、三千院帝が王族の力を手に入れたかった理由はなんだったんだろう?
個人的予想では、娘である紫子を生き返らせることだと思っていたんですがね。

続きを読む "手を繋いで歩いていこう。 ハヤテのごとく! 第568話(最終話)"

全てを手放しても想いはその胸に。ハヤテのごとく! 第567話「When you wish upon a star」 このエントリーをはてなブックマークに追加 全てを手放しても想いはその胸に。ハヤテのごとく! 第567話「When you wish upon a star」

What A Wonderful World 19
ハヤテのごとく! 第567話「When you wish upon a star」

hayate567-001.jpg

呼べば来る。
考えてみたらいつでもそうですね。
ナギが「ハヤテーーー」と呼べば、彼はいつでも助けに来る。
それが過去だろうが、未来だろうが、いつだって。

関係ないけど「ハヤテーーー」はいつもCV釘宮理恵さんで再生余裕なので、
声優ってすげぇなと思います。

紫子の願いはきっとそれなのかな。と、昔どこかで思ったような気もするけど、どのタイミングだったのかは記憶していない。

ただ、紫子は何かを願っていて、その願いは自分の娘のために使っただろうと思っていた。

その答えは美琴が
「本当に助けを必要とした時、最も絆の強いその人の名を呼べば、過去も未来も飛び越えて、その人が疾風の如く助けに来てくれますように」
といったセリフでしょう。

このセリフに繋がるのは伊豆下田編122話(コミックス12巻4話)「ほしのこえ」ですね。
ナギが宇宙船で飛び立っていってしまったのを助けた時の紫子登場シーンです。
「呼べば本当にどんな所にでも、来てくれるのね。 
 あの子はわがままで自分勝手で、そのくせ寂しがり屋で泣き虫だけど
 ナギの事、よろしくお願いね」
これが紫子の願いの全てだったんだな。

続きを読む "全てを手放しても想いはその胸に。ハヤテのごとく! 第567話「When you wish upon a star」"

普通の女の子が辿り着いた答え/西沢歩にしかできなかったこと。 このエントリーをはてなブックマークに追加 普通の女の子が辿り着いた答え/西沢歩にしかできなかったこと。

ハヤテのごとく! 第565話「誰かが君を愛してる」を読んで、
西沢さんについて何かを書こうと思い立ってみた。

ハヤテのごとく!も終わりが近いから、
ホントはそれぞれのキャラクターについて書いていきたいけど、
残念ながら文章力と時間が足りない。

さて、西沢歩は、
ハヤテとナギが出会う前から、
ハヤテに好意を寄せていた「普通の女の子」です。

ハヤテのごとく!の物語において、「なにもない」普通のキャラクターです。
お金持ちなわけでもない、生徒会長だったり、頭がよかったり、異能が使えたり、そういうわけじゃない。
普通の家庭で育った女の子です。

普段はヒナギク視点だったり、ハヤテとナギの側でメインストーリーを追いかけているので、
たまに「あ、このキャラクターについて書きたい」となると、結構大変です。
これを書こうと!と思っても、565話強あるのか......と考えて気が重くなりました。

西沢さんってどう位置のキャラクターだろうと考えると、
やっぱり先に書いてるように「普通の女の子」なんですよね。

nisi_taka07.jpg

西沢さんの話はここから始まったわけです。
登場タイミングやハヤテが好きだと言うことが共通してることから
よくヒナギクと一緒に語られることが多いのではないかな。
作内でも西沢さんはヒナギクと友人関係でもあるわけですし。

西沢さんを語る上で外せないのは、やはり下田編ハヤテのごとく!116話コミックス11巻9話「夢の中よりも夢のよう」ですね。
ハヤテのごとく!の各キャラエピソードでいくつか印象的な話はあるのですが、
私にとって西沢さんのエピソードではそれが「夢の中よりも夢のよう」です。
この話は、西沢さんの世界において、一つの大きな区切りになってると思っています。

バックステージでも、


たとえばこの漫画が西沢さんがヒロインの少女漫画なら
もう少しいじってこのまま最終回というのもアリだった
かもしれません。
が、そうではないのでまだ続きます。
当然、西沢さんの物語もまだまだ続きます。
むしろ始まったばかりといってもいいかもしれません。
サンデーまんが家BACKSTAGE|畑 健二郎 Vol.119より

と言われていて、終わりよりは始まりの話です。
ハヤテのごとく!は見開きを多用しない方です、ホントに重要な時に使われているのです。
その辺の話は、先ほどのvol.119のバックステージにあります。
見開き効果、あと手元にはもうないですが、本誌掲載時のこの話のラストがよかったんです。
あれは担当さんが入れてくれた引きの文章が良かったのかな。
コミックス収録版もいいんですけどね。

で、「夢の中より夢のよう」は西沢さんの恋愛について考えの一つに触れることができます。

nisi_taka01.jpg

この話は西沢さんの恋愛について大事だと思わせているのが
ハヤテからのホワイトデーのお返しはいらない。といっているのですけ
お返しはいらないといっていたのは、
告白した後から下田編までの思い出だったり、日々で充分だったのかなと思っています。
この他にも西沢さんの恋愛観に通じるのを作内でも当然いくつか出てます。

nisi_taka02.jpg

誰がハヤテをスキになったって、そのうち私が、口説き落としてみせちゃおっかなって。
だったり、

nisi_taka03.jpg

愛情が深いって事なんじゃないかな?

といったことを言っていて、
誰がハヤテに想いを寄せていても、ハヤテが誰に想いを寄せていたとしても
それはそれでいいんじゃないかな、自分はハヤテが好きなんだという感じですね。

とはいっても、それなりに焦ることがあります。
印象的なのは、同人編のルカに対してでしょうね。
なりふり構わない行動を取ったり、恋葉とのキスを目撃した後の行動は、迷走してましたね。

そういった恋する女の子の一面の一方で、重要な部分でさらりと役割をこなしています。
nisi_taka05.jpg

ミコノス島編では王玉をソニアに奪われたハヤテを落ち着かせてました。

nisi_taka06.jpg

ナギの同人誌の話に繋がるキッカケではナギに「卵を取り出す」という能力があるかもな。と言われていたりする。
全部はピックアップできなかったけど、西沢さんは要所要所で彼女にしかできない役割を果たしているんです。
何か特殊な才能や能力があるキャラクターではなく、普通の女の子であるからこそできる役回りなんだと思います。

目立ったところをピックアップすると、恋愛と何気ない役割というのが彼女の話なんですが、
一番重要なのはいわゆる「日常」編ともいえる、一話完結のエピソードなんだと思ってます。
それはハヤテのごとく!自体が日々の積み重ねを大事にしている作品だからこそというのもあるんですが、
「夢の中より夢のよう」で出てきたように、
西沢さんは、下田編で思い出や日々の出来事が大事なんだろうと感じていました。
だから長編だけでなく、一話完結のエピソードでの西沢さんの出来事も、意味があったとわかります。

そういうことを踏まえると、565話「誰かが君を愛してる」で、
ハヤテから告白されて出会い方さえ間違えなければと思ったときに、
「出会い」を否定し、一年間を否定ししてしまえば、得たものすらも否定してすることになってしまう。
と「夢の中より夢のよう」では持っていた気持ちを西沢さんが思い出したわけですね。

だから一年間これまで歩いてきた日々と、重ねてきた想いが、集約されたからこそ、

hayate565-002.jpg

それでもこの一年に、間違いなんかなかったよ。というセリフに辿りつけたんじゃないかと思ってます。

西沢さん以外に他のキャラクターでこのセリフが言えるかを考えても、
ヒナギクでも、ナギでも、ルカでも、マリアさんでも、他のキャラクターでも
やっぱりこのセリフはいえない。


西沢さん、あんたすげぇよ。


君が望んだ永遠。 ハヤテのごとく! 第566話「BEYOND THE TIME」 このエントリーをはてなブックマークに追加 君が望んだ永遠。 ハヤテのごとく! 第566話「BEYOND THE TIME」

What A Wonderful World 18
ハヤテのごとく! 第566話「BEYOND THE TIME」

hayate566-001.jpg

もう二度と出会えないと思っていたマリアさんがそこにいる。
でも、それはナギの作り出した幻。
その幻から感じられる全ては幻。
わかっていても、溢れるものはある。

幻のマリアさんは、ただ都合のいい存在だけじゃない。
ハヤテの言葉を受けて、言葉を返してくれる。

結局、ハヤテはマリアさんと約束していた12月24日に、誕生日プレゼントを渡せていない。
別れもいっていない。
ハヤテはそういった溜め込んだことを吐き出した。

なんでマリアさんがナギのそばを離れたか。
それは母親としての役割を終えたというのもあるし、助けてしまうから。
助けてしまう存在になってしまっては、ナギの成長を妨げてしまうというのもあったんだろう。

続きを読む "君が望んだ永遠。 ハヤテのごとく! 第566話「BEYOND THE TIME」"

すべて、愛だった。 ハヤテのごとく! 第565話「誰かが君を愛してる」 このエントリーをはてなブックマークに追加 すべて、愛だった。 ハヤテのごとく! 第565話「誰かが君を愛してる」

What A Wonderful World 17
ハヤテのごとく! 第565話「誰かが君を愛してる」

元々12月24日は王族の庭城は崩壊するという話でした。
作内日付も12月24日。
つまり、王族の庭城の崩壊です。
それがはじまった。
あと30分で崩れてしまう。
けれど、まだまだハヤテは目を醒まさない。

西沢さんのifルート進行中の夢を見ている。
あの日、ナギではなく、西沢さんに出会っていたらどうなっていたのか。

hayate565-001.jpg

潮見高校のクラスメイトとクリスマスパーティーをやって、
その帰りに西沢さんに告白して、何かが始まっていたのかも知れない。

ハヤテからの告白は、西沢さん自身も待ち望んでいたもの。
彼に想いを伝えて、振り向いてほしくて一年間がんばってきた。
それが、あの日出会っていたら?という、もしもの世界ではこんなにも簡単に手に入る。

続きを読む "すべて、愛だった。 ハヤテのごとく! 第565話「誰かが君を愛してる」"

ハヤテのごとく!個人的ベストエピソード このエントリーをはてなブックマークに追加 ハヤテのごとく!個人的ベストエピソード

ハヤテのごとく!も終わるので、個人的なベストエピソードをいくつか選んでみました。
終わってからやれよというのもあるんですが、こまけぇ話はいいんだよ。
キャラクター補正とかを考えるとヒナギク関係のエピソードばかりになってしまうので、そこのあたりは偏らないようにしてます。
シリアス系は控えめです。
私の嗜好的にシリアス系とか王族の庭城関連大好きなのでそのあたりも控えめにしてます。


ハヤテのごとく!260話(24巻収録第10話) 「ETERNAL WIND」
ミコノス島編クライマックスの一幕。
キングミダスに囚われたアテネを、ハヤテが救い出すという話です。
ハヤテ過去編もそうですが、ミコノス島編になってから、ずっとハヤテが思い悩んでいたアテネの事柄。
幼い頃にケンカ別れになってしまった思い人を助け出す。
もちろん、この「ETERNAL WIND」までの話の流れもあって、この話がいいんです。

アテネはハヤテのことを知らない振りして、自分の気持ちも押し殺していたのに、
キングミダスに囚われハヤテが自分を傷ついて助けにきてくれてる中で、
ハヤテへの想いを馳せているのが印象的です。
hayate260-05.jpg

このコマがとても好きなんです。
「助けにきたよ、アーたん!」というのが、
王族の庭城でわかれてしまったアテネを十年越しに助けにきた!という意味ともとれて
感動があります。

続きを読む "ハヤテのごとく!個人的ベストエピソード"

あったかも知れない物語 ハヤテのごとく! 第564話「すべては君を愛するために」 このエントリーをはてなブックマークに追加 あったかも知れない物語 ハヤテのごとく! 第564話「すべては君を愛するために」

What A Wonderful World 16
ハヤテのごとく! 第564話「すべては君を愛するために」

hayate564-001.jpg

ヒナギクが姫神を倒したけど、王玉は簡単には手に入らない。
前回の引きで咲夜が驚いていたのは、王玉が封印処理かな、ガードが掛っている状態にあったから。
保険として施されたそれを破るのは難しく時間が掛る。
その間にヒスイが目覚める。

そこまで言われたら、作戦変更。
先にハヤテを目覚めさせる。
意識に呼びかける装置があるから、それを使えばどうにかできるかもしれない。
けど、ハヤテは目覚めることを強烈に拒否している。

続きを読む "あったかも知れない物語 ハヤテのごとく! 第564話「すべては君を愛するために」"

神様にもらったロケットパンチ ハヤテのごとく! 第563話「残酷な天使テーゼ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 神様にもらったロケットパンチ ハヤテのごとく! 第563話「残酷な天使テーゼ」

What A Wonderful World 15
ハヤテのごとく! 第563話「残酷な天使テーゼ」

hayate563-005.jpg

ヒナギクと姫神のバトル。
このバトルが、この「ハヤテのごとく!」における、ヒナギクの最後の見せ場だろう。
そんな中で、ルカが「残酷な天使テーゼ」を歌う。

ヒナ祭り祭りでヒナギクが「残酷な天使テーゼ」を歌った夜に自分の気持ちに気がついて、
恋に対して何かしら答えを得つつある夜にルカが「残酷な天使テーゼ」を歌ってると考えると面白い。

hayate563-006.jpg

姫神が神様に願ったことが、まさかのロケットパンチ。

これで畑先生の「神様にRocket Punch!!」を思い出した人は何人いるんだろう。
読みたい人はハヤテのごとくの前を購入してください。
ナジャも出てくるし、本と寿命50年で願いを叶える設定もここにありますね。

ロケットパンチかああああ!!! となりました。
じゃあ、紫子になかったことにして欲しいといっていた
「愚かな願い」っていうのはこのロケットパンチかよ!
確かに愚かだな!

さて、ヒナギクの活躍で、姫神は倒せたけど、
(そちらは夢見る少女じゃいられない。 ハヤテのごとく! 第563話「残酷な天使テーゼ」 - ヒナギク様に恋してるっ!!で)
問題は王玉がどうなっているのか。
新・新造王玉が割れて、核になっているものが落下してきて
それをみた咲夜が驚いていたけど、どうなってんだ?


ハヤテのごとく! 50 「超貴重!初だしポストカードブック」付き限定版 (少年サンデーコミックス)
ハヤテのごとく! 50 「超貴重!初だしポストカードブック」付き限定版 (少年サンデーコミックス)畑 健二郎

小学館 2017-02-17
売り上げランキング : 254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハヤテのごとく! 49 「厳選!初だし! 超レアイラスト集」付き限定版 (少年サンデーコミックス) 電波教師 25 (少年サンデーコミックス) 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (11) (角川コミックス・エース) 長門有希ちゃんの消失 (10) (角川コミックス・エース) ハヤテのごとく! 48 (少年サンデーコミックス) ねじの人々 3 (裏少年サンデーコミックス) 食戟のソーマ(25) アニメDVD同梱版: ジャンプコミックス はじめてのギャル (3) (角川コミックス・エース) ハヤテのごとく! 50 (少年サンデーコミックス) ハイスクールD×D 23 球技大会のジョーカー (ファンタジア文庫)

これが彼女の理想世界。ハヤテのごとく! 第562話「約束の土地へ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 これが彼女の理想世界。ハヤテのごとく! 第562話「約束の土地へ」

What A Wonderful World 14
ハヤテのごとく! 第562話「約束の土地へ」

hayate562-001.jpg

ナギの感情の爆発によって、王族の庭城への道が開かれた。
しかもアテネが想定の何百倍も大きな道で、石を持っている人間が飲み込まれる規模。
道を開いたナギの前に「オルムズド・ナジャの写本」が現れて、「願いはなに?」と聞く。
感情爆発した後に、願いはなにかと聞いたら、それは絶望に落ちた事柄に関連したものになるだろうよ。
ナギが願いを言う前に止めようとしたけど、間に合わず。

ナギの願いは、549話で既に叶っているように、ハヤテとマリアさんがいて、ハヤテが自分に好意を持ってくれている世界。

続きを読む "これが彼女の理想世界。ハヤテのごとく! 第562話「約束の土地へ」"

そして道は開かれる。 ハヤテのごとく! 第561話「Liberi Fatali」 このエントリーをはてなブックマークに追加 そして道は開かれる。 ハヤテのごとく! 第561話「Liberi Fatali」

What A Wonderful World 13
ハヤテのごとく! 第561話「Liberi Fatali」

hayate561-001.jpg

全部嘘だった。
都市開発の話は嘘。
ハヤテがナギのもとに転がり込んだことを聞きつけたハヤテ父が、
その分け前をもらおうと千桜から情報を集めていた。

面会謝絶だった神崎さんも嘘。
ハヤテ父が情報を集めて、ハヤテ母がナギに近づいた。

どれもこれも、ハヤテが「お金持ちのお嬢様のところで楽しんでいる」とことを知ったのがキッカケ。
ナギのところにいるっていう情報がヒスイからきたのかもしれないなーと思ってる一方で、
この両親ならハヤテのことを自分たちで調べて勝手にどうにかしそうとも思う。

続きを読む "そして道は開かれる。 ハヤテのごとく! 第561話「Liberi Fatali」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51