誰の想いが届くのか ハヤテのごとく!第242話「夜に想う」 このエントリーをはてなブックマークに追加 誰の想いが届くのか ハヤテのごとく!第242話「夜に想う」

ハヤテのごとく!第242話「夜に想う」

想いの長さ


2009img292.jpg

ヒナギクはハヤテが10年もアテネのことを想っていたのだからその想いが報われないといけないと思ってる。
西沢さんにも告白できなかったことは言ってる。
でも、ハヤテと何があったかまでは言っていない。
ちゃんと話をするのだろうけど、それはミコノス島編のうちじゃなくて、これが終わったらだろうな。

ハヤテを後押ししたのは自分だ。
それが正しいとかはまだ迷っている。
まるで下田編で西沢さんに対して生徒会長属性を発揮したときのような迷い。

結局ヒナギクはワガママにならないと、こうやって悩んでいくのだろうな。

続きを読む "誰の想いが届くのか ハヤテのごとく!第242話「夜に想う」"

神の力を求めた共犯者 ハヤテのごとく!第241話「アイギスの盾」 このエントリーをはてなブックマークに追加 神の力を求めた共犯者 ハヤテのごとく!第241話「アイギスの盾」

ハヤテのごとく!第241話「アイギスの盾」

共犯者


2009img272.jpg

ハヤテが知らない、アテネの時間。
アテネと三千院帝は共犯者。
王族の庭城で、キング・ミダスの力を研究していたのがアテネかな。
なら、アテネが神様の力の片鱗が使えてもおかしくない。

10年前にアテネが外に出てきて、寝ている間に王族の庭城へ続く道が閉じてしまった。
三千院帝ではないのか......この原因。
アテネでも、帝でもなく他の誰かが王族の力を奪った。
やっぱりそれは、あの棺の中にある何かか......。

王族の庭城関係となれば、王玉。
その呪い(障壁)に関しては、千年に一人の天才なら払うことができる。
つまりこれは伊澄になって、実際に伊澄がハヤテの王玉の呪いを解いてる。

王族の力が消えた原因は、ハヤテだと疑ってるアテネ。
でも、読者からしたらあの時点のハヤテにそんな狙いはないのはわかってる。

10年前の時点でアテネは、ハヤテの存在を帝には隠していたけど、
その10年後に皮肉にも帝の孫三千院ナギの執事にハヤテがなるわけだしなー。

アテネと帝の関係は、10年前の時点ではそれほど悪くない?
三千院帝の口から出たのは、神の力を求めた重罪人、共犯者という言葉。
さらには姫神も、この共犯者の一人。

ならば、姫神がナギの執事だった理由もなんとなくわかるな。
三千院帝は、共犯者である姫神を自分の近くに置いておきたかったんだろう。

アテネと、帝の共通点
帝は紫子を亡くし、アテネは両親を亡くしていること。
なんだけど、10年前の時点では紫子はまだ生きてるんだよな......。
おそらく姫神も誰かを亡くしてる。
大事な人を亡くしていると仮定すれば、王族の、神の力を使って、死んだ人間を生き返らせようとしてるのか。
帝の場合は、紫子が死んでから目的が変わったのかも知れない。

続きを読む "神の力を求めた共犯者 ハヤテのごとく!第241話「アイギスの盾」"

確かめにいこう、彼女の気持ちをハヤテのごとく!第240話「君への想いを」 このエントリーをはてなブックマークに追加 確かめにいこう、彼女の気持ちをハヤテのごとく!第240話「君への想いを」

ハヤテのごとく!第240話「君への想いを

2009img262.jpg

ハヤテに想いを伝えることは出来なかったこと、ハヤテに好きな人がいて、
自分が失恋したことを自覚したからか、泣きそうなヒナギク。
それでも泣かないのは、彼女のプライドの問題だろう。

続きを読む "確かめにいこう、彼女の気持ちをハヤテのごとく!第240話「君への想いを」"

動き出した彼の物語、変化せざる得ない関係 このエントリーをはてなブックマークに追加 動き出した彼の物語、変化せざる得ない関係

今回ハヤテのごとく!第239話「silky heart」でハヤテが、アーたんのことを自分の好きな人だと認めた。

王族の庭城での回想は、ハヤテの世界のプロローグ。
このミコノス島でアテネの世界もハヤテの世界も本格的に動き出した。
とくに、ハヤテの世界は239話を経てやっと本格的に動くことになる。

これによって、当然ハヤテと周りのキャラクターとの関係が大きく変わることになるだろう。
いくつか、予想されることを挙げる。
・ナギとハヤテの関係
・西沢さんとハヤテの関係
・ヒナギクとハヤテの関係
・マリアさんとハヤテの関係

これらが挙げられると思う。
もちろん、直接ハヤテとの関係以外でも、ヒナギクと西沢さんの関係も変化してくると思う。

続きを読む "動き出した彼の物語、変化せざる得ない関係"

僕にとって彼女は...... ハヤテのごとく!第239話「silky heart」 このエントリーをはてなブックマークに追加 僕にとって彼女は...... ハヤテのごとく!第239話「silky heart」

ハヤテのごとく!第239話「silky heart」

2009img252.jpg

ヒナギクに問われて、ハヤテは気がついたらしい。
でも、あれで、うまく隠していたつもりか?
まあ、台風の目は無風というからハヤテだけが気がついてないだけで、
ヒナギクはもちろんマリアさん、ナギ、もちろん西沢さんにも気付かれているわけで。

ハヤテにとってはヒナギクへのお礼を含めたディナー。
でも、ヒナギクとっては重要なディナー。
そんなことをハヤテは知るわけもなく。

でも、ヒナギクの問いかけにハヤテは、天王州アテネのことで悩んでいることを打ち明ける。マリアさんからのアドバイスがあったからだろうな。
アテネに言わないといけないことがあった、でも、自分のことを忘れている、いや自分を無視された。
それがショックで悩んでいた。

続きを読む "僕にとって彼女は...... ハヤテのごとく!第239話「silky heart」"

王様の耳と空回りな恋 ハヤテのごとく!第238話「言葉にならない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 王様の耳と空回りな恋 ハヤテのごとく!第238話「言葉にならない」

ハヤテのごとく!第238話「言葉にならない」

料理より告白だ!


2009img240.jpg

そう、ヒナギクはハヤテに告白しにきたのであって、ごはんを食べに来たわけじゃない!!
ハヤテにうまく気持ちが伝わらない。
だから、今回ちゃんと伝えようとしてるのに!

まあ、ハヤテですから......鈍いです。
がんばれ!

続きを読む "王様の耳と空回りな恋 ハヤテのごとく!第238話「言葉にならない」"

ナギの気遣い ハヤテのごとく!第237話「そして再び夜が来て」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ナギの気遣い ハヤテのごとく!第237話「そして再び夜が来て」

ハヤテのごとく!第237話「そして再び夜が来て」

セクシーですな


2009img238.jpg

SEXYって......西沢さんそのTシャツ。
確かにシャワー後にTシャツはSEXYかもしれないけど。

このTシャツの柄は、


アシさんに「柄、何でもいいから描いといて」
と頼んだら事もあろうに......。
ちっ......面白いじゃないか......。(畑先生のBSより)

アシスタントさんが描いたそうな。

西沢さんとしては、自分もハヤテを助けたんだから、自分もハヤテとディナーをしたい!ぱたぱたとワガママを言い出すのもわかる。
西沢さんがいなかったら、シスターに王玉を盗られたまま三千院家の遺産を失っていたかもしれないわけだし、
それを考えると何かあってもいいと思う。

そんな西沢さんへのお礼は、ナギからある。

続きを読む "ナギの気遣い ハヤテのごとく!第237話「そして再び夜が来て」"

マリアさんの大人のアドバイス ハヤテのごとく!第236話「一を聞いて十を知らない」 このエントリーをはてなブックマークに追加 マリアさんの大人のアドバイス ハヤテのごとく!第236話「一を聞いて十を知らない」

ハヤテのごとく!第236話「一を聞いて十を知らない」

ヘリなんていらねぇよ夏


hayate236-01.JPG

デルフィ遺跡に感動する西沢さんとは反対にヒナギクは、
ヘリコプターに呪いをかけてた。
いやいや、確かに高所恐怖症のヒナギクにしてみれば、ヘリなんてなくなればいいものだろうけど、
この状況で呪いをかけたら、ヘリが落ちるんじゃないかと心配になる。

ちなみにナギたちが使ったヘリコプターは改修費込みで30億ほど。
うわ、すげぇ。

相変わらずハヤテはテンションが低い。
これはダメだね。
ありえないミスをしたりするかもしれないし、何よりも周りの女の子を心配させる。

デルフィ遺跡から次の場所への移動はジェット機。
......ヒナギク頑張れ。

続きを読む "マリアさんの大人のアドバイス ハヤテのごとく!第236話「一を聞いて十を知らない」"

悩むよりも行動したら?と思う ハヤテのごとく!第235話「月の欠けた空に」 このエントリーをはてなブックマークに追加 悩むよりも行動したら?と思う ハヤテのごとく!第235話「月の欠けた空に」

ハヤテのごとく!第235話「月の欠けた空に」

成長した君を


2009img226.jpg

ハヤテにとって、ヒナギクの話からするとアーたんが自分のことを忘れているわけはない。
でもなんで知らない振りをしたのか?
彼の結論は本当にアーたんに嫌われた。

実際の所は、アーたんはハヤテのことを嫌ってるわけはない。
それどころか成長したハヤテを思い出して、頬を染めたりしてる。
思っていたよりも、大きくたくましくなっていたから。
あの10年前の別れ方をしなかったら、自分と一緒にいてくれたのか?と夢想してる。

現実はハヤテは今は別の人を主として、その人と一緒にいる。
10年前の後悔よりも、今は王玉を。
それほどまでに、王玉を優先させる理由があるんだな。

続きを読む "悩むよりも行動したら?と思う ハヤテのごとく!第235話「月の欠けた空に」"

彼女は僕のことを覚えている ハヤテのごとく!第234話「千年経っても覚えている」 このエントリーをはてなブックマークに追加 彼女は僕のことを覚えている ハヤテのごとく!第234話「千年経っても覚えている」

ハヤテのごとく!第234話「千年経っても覚えている」

そして、僕は......どうしたんだろう


2009img224.jpg

アーたんが自分のことを覚えていないことにショックを隠せないハヤテ。
でも、自分は何を期待していたのかと自問する。

アーたんが自分のことを覚えていて、
自分が間違っていたことを伝えて、
誤解が解ければ、仲直りできて。
そして......。
その先はなんだろうか。
今と昔では、状況があまりに違う。

ハヤテは知らないけど、アーたんは王玉を手に入れるために三千院家の遺産を狙っている。
ハヤテは三千院家の、ナギの執事。
昔のように、アーたんを主として選ぶことは難しい。
それは今の主であるナギから離れることになるか。
そういう決断が必要になる。

もちろん、もっと多くの問題が生まれるよな。

続きを読む "彼女は僕のことを覚えている ハヤテのごとく!第234話「千年経っても覚えている」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51