2011年8月22日

フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生? このエントリーをはてなブックマークに追加 フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生?

フルメタル・パニック!  マジで危ない九死に一生?


長編終了後の短編。
短編の宗介は相変わらずの調子なわけだけど、なんか物足りない感じがあった。
300体のボン太くんがあんまりインパクトがなかったかな。

今回は短編よりも、長編の後日談にあたるテッサの話がとてもよかった。
バニの生まれた村にある墓参り。
村に辿り着くまでの話よりも、ロニーがアルに対して墓参り、死者との対話がどのようなものかを説明したのがなんとも言えなかった。
それを言われて、実行できるAIも相当だと思うが。
なんにせよ、あの戦いの後日談が読めたのは非常に嬉しかった。

フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫 か 3-4-1)
フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫 か 3-4-1)大黒 尚人 四季 童子

富士見書房 2011-08-20
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フルメタル・パニック!  マジで危ない九死に一生? 鋼殻のレギオス18  クライング・オータム (富士見ファンタジア文庫 あ 1-1-18) 魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端 デート・ア・ライブ2  四糸乃パペット (富士見ファンタジア文庫 た 4-2-2) 魔術士オーフェンはぐれ旅 約束の地で

2011年6月18日

氷結鏡界のエデン7 空白洗礼 このエントリーをはてなブックマークに追加 氷結鏡界のエデン7 空白洗礼

氷結鏡界のエデン7  空白洗礼 (富士見ファンタジア文庫)

自分の気持ちを気がついたモニカがかわいいな。(挨拶)

異篇卿の拠点へとシェルティスたちが向かう攻めに出る巻。
レオンと異篇卿第一位のアルマデルの関係と戦いの結末が気になるところであるけど、
やはり一番気になるのは、今までシェルティスが隠してきたことがバレたのが大きい。
イグニドの口から、エデンに堕ちたことときのこと、それに付随してエデンとソフィアに隠された事実、いろいろなことが明かされていった。
エデンとソフィアの関係が鏡であることや塔が291階という中途半端な数までしか階数がないことの理由にはなんかいろいろ納得した。
イグニドの素顔が非常に気になる。明かされるのはだいぶ先になるみたいだけど。

今回は主要メンバーそれぞれにとって大きく動きだして、第一部に区切りがついた。
そして第二部へと移るのでその展開も非常に気になる。

2011年5月 8日

デート・ア・ライブ 十香デッドエンド このエントリーをはてなブックマークに追加 デート・ア・ライブ 十香デッドエンド

デート・ア・ライブ  十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)

やっと読めた。読み始めたらさくさくと終わった感じ。
物語の方もさくさくと......。

物語の方はCMにもあるように世界を滅ぼす少女(精霊)――十香を止める方法は、デーとしてデレさせること。
作者があとがきで触れてるように、秘密組織のメンバーが大まじめにギャルゲをやる話。
多少は語弊があるような気もけど、だいたいこんな感じです。
読んでてギャルゲ感がすごかったような。

十香もいいけど、令音や折紙といった周りの女性キャラもいい感じ。
ある意味近いもので、殺×愛 -きるらぶ-を思い出した。
殺×愛 -きるらぶ-の場合は、主人公が世界を滅ぼす方で、ヒロインが主人公を殺す役割だったわけだけど。

十香をデレさせると言うことは、主人公が十香にとって大切な人物になるわけだから、
主人公が傷つけられたら、その反動で十香が暴れそう。
実際今巻の中で同じようなことがあったけど、物語が進むともう一度同じような状況になるんじゃないかと。
一応、続刊が出るみたいだけど、一巻読み終わった時点で精霊が増えて、ハーレム展開化する
気がしてならない。
二巻までは様子見で読んでみて、そのあとシリーズが続くようなら買うかどうかは考える。

蒼穹のカルマ7     (富士見ファンタジア文庫)
蒼穹のカルマ7      (富士見ファンタジア文庫)橘 公司 森沢 晴行

富士見書房 2011-02-19
売り上げランキング : 21204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
蒼穹のカルマ6 (富士見ファンタジア文庫) 蒼穹のカルマ5 (富士見ファンタジア文庫) 1×10   藤宮十貴子は懐かない5   (富士見ファンタジア文庫) 影執事マルクの決断      (富士見ファンタジア文庫) 生徒会の水際   碧陽学園生徒会黙示録4   (富士見ファンタジア文庫)

2009年9月25日

大勢の命が奪われる戦場 大伝説の勇者の伝説6 戦場に堕ちるアルファ このエントリーをはてなブックマークに追加 大勢の命が奪われる戦場 大伝説の勇者の伝説6 戦場に堕ちるアルファ

大伝説の勇者の伝説6  戦場に堕ちるアルファ (富士見ファンタジア文庫)
ゲイルフィックランドとガスタークの戦争。
そこにはもちろん反ローランド連合である、ライナたちも参戦することになる。
この戦争に出れば、ライナが何者なのかという疑問に答えが出ると、ヴォイスにいわれたから。

でも、それは当然、ライナのアルファスティグマの暴走の危険もある。
となれば、次にライナが暴走したら、殺すと約束してるフェリスも黙ってないし、
キファだってがんばるわけだ。

一方のガスタークは、一撃で六十万以上の人間を殺せる攻撃──グロウヴィル──がある。
これに対抗できるのも、ライナのアルファスティグマになる。
いや、ちゃんといえば、ライナの中に眠る力なんだが。
グロウヴィル以外にもお互いの軍は、『忘却欠片』を持っていてそれの応酬もある。
結局、『忘却欠片』は普通の戦争で使えば、とてつもない破壊力をもつ、大量破壊兵器や大量殺戮兵器に相当するんだもんな。


ヴォイスが適当なことを言ってるのかと思ったけど、ちゃんとライナの瞳の秘密がわかった。
きっかけは、リルの『石喰らい』によって、ライナのアルファスティグマが奪われたこと。
これによって『α』が消えて、ライナの中にいた、『寂しがりの悪魔』の片割れのすべての式を解くものとしての力が解放された。

すべての式を解く者の力は、アルファスティグマよりも強力。
すべての魔法
すべての物質
すべての人間
すべての『忘却欠片』
構成がみえ、それを解除する方法すらもわかる。

万物すべての構成の式をみることができ、すべての式を解くことができる。
これをもってグロウヴィルすらも解除できる。

当然すべてを解除できるのだから『女神』すらその対象。
また、ライナの中から逃げた『α』すらも......。

とにかく、多くの人の命が、一瞬で消えていった。
ライナが得たちからで、シオンと対峙できるかなー。
でもまだまだ、グロウヴィルやら女神やらもあるし......戦いは長そうだ。

いつか天魔の黒ウサギ4 夜逃げの生徒会室 (富士見ファンタジア文庫)
いつか天魔の黒ウサギ4  夜逃げの生徒会室 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房 2009-07-18
売り上げランキング : 2754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いつか天魔の黒ウサギ5  夏休みカタストロフィ (富士見ファンタジア文庫) 大伝説の勇者の伝説6  戦場に堕ちるアルファ (富士見ファンタジア文庫) ぼくと彼女に降る夜  デッドエンド・ランナー~滅亡に向かう者 (富士見ファンタジア文庫) 幻想譚グリモアリスIV  罪と祈りとほほえみと (富士見ファンタジア文庫) 本日の騎士ミロク2 (富士見ファンタジア文庫)

2009年5月 7日

君の隣に立っていて良いくらいの力を いつか天魔の黒ウサギ3 神隠しの通学路 このエントリーをはてなブックマークに追加 君の隣に立っていて良いくらいの力を いつか天魔の黒ウサギ3 神隠しの通学路

いつか天魔の黒ウサギ3  神隠しの通学路 (富士見ファンタジア文庫)

早い話が、天魔と闘う力を手に入れるためのお話ですかね。
天魔は、サイトヒメアが、最古の魔女じゃないかと思って襲っていた?わけど、
それは月光があれこれやって、ヒメアを狙わないようにした。と、ヒメアには言ってたけど、実際はわからない。
最古の魔女がヒメアなら、天魔はヒメアを狙うのだろうし、月光がヒメアを殺すのだろう。
15分で六回までは死んで大丈夫な大兎は、それしかないからヒメアや月光、美雷の中では戦力的に弱いんだよな、

それとは関係なく、大兎はヒメアを守るだけの力が欲しいから、月光に闘う力が手に入る場所――エデルカ――を教えてもらった。
代償を差し出せば、望みが叶う。
エデルカで、ヒメアは大兎を生き返らせたわけだけど。

大兎が望んだのは、直接の力じゃなくて、力を得れる場所。
魔術や武器、契約すべき魔物、それらがある地名を知った。
でも、大兎は何かの代償をエデルカの主に取られてる。
取られた代償が何かはわからない。

時雨遥が姿を消した。
次回は、遥を探しのお話みたい。

真伝勇伝・革命編 堕ちた黒い勇者の伝説4 (富士見ファンタジア文庫)
真伝勇伝・革命編  堕ちた黒い勇者の伝説4 (富士見ファンタジア文庫)鏡 貴也

富士見書房 2009-04-20
売り上げランキング : 679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
火の国、風の国物語6  哀鴻遍野 (富士見ファンタジア文庫) BLACK BLOOD BROTHERS10  ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 銀刀出陣― (富士見ファンタジア文庫) いつか天魔の黒ウサギ3  神隠しの通学路 (富士見ファンタジア文庫) 大伝説の勇者の伝説5  悪魔王、降臨 (富士見ファンタジア文庫) 本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)

2009年5月 6日

俺の命は君の好きにしていいから いつか天魔の黒ウサギ2 《月》が昇る昼休み このエントリーをはてなブックマークに追加 俺の命は君の好きにしていいから いつか天魔の黒ウサギ2 《月》が昇る昼休み

いつか天魔の黒ウサギ2  《月》が昇る昼休み (富士見ファンタジア文庫)

相変わらず、月光は俺様な調子ないつか天魔の黒ウサギ2。
サイトヒメアがやっぱり物語の重大なものになるみたい。
バールスクラがサイトヒメアのもう一つの人格とは思ってなかったし、
また彼女の中に眠ってるもう一人の誰かは――きっと最古の魔女なんだろうと思っていますが――《幸福》を使うための第一段階の魔法。
《幸福》って、いったい誰が幸福になるための魔法なんだろう。
でも、きっとそういうことじゃないんだろうな。

また、よくわからんキーワードがちらほらと出てきてる。
二巻でこのペースで大丈夫なのかと思っていたけど、あとがきを読むとこのペースでも大丈夫らしい。
一旦整理しないと、あれこれわからないんだけど......。

天魔はよくわからないけど、神とかよりももっとタチの悪いもの......。
月からの侵蝕は、天魔のことを指す? 月からの侵蝕というか、弱ったサイトヒメアから出てきたバールスクラともう一つの人格から、
大兎がサイトヒメアを取り戻すために、好きだと告白してるシーンは結構好き。
それで、サイトヒメアも帰ってきたからいいんだけど。

本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)
本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)田口 仙年堂

富士見書房 2009-04-20
売り上げランキング : 8667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
H+P(3)  ―ひめぱら― (富士見ファンタジア文庫) RPG W(・∀・)RLD1  ―ろーぷれ・わーるど― (富士見ファンタジア文庫) 影執事マルクの天敵 (富士見ファンタジア文庫) 火の国、風の国物語6  哀鴻遍野 (富士見ファンタジア文庫) 蒼穹のカルマ2 (富士見ファンタジア文庫)

2009年3月23日

泣くように微笑む君は 黄昏色の詠使いIX ソフィア、詠と絆と涙を抱いて このエントリーをはてなブックマークに追加 泣くように微笑む君は 黄昏色の詠使いIX ソフィア、詠と絆と涙を抱いて

黄昏色の詠使いIX  ソフィア、詠と絆と涙を抱いて (富士見ファンタジア文庫)

ここ数巻続いていた「アマデウス、ミクヴェクス」について、ある程度は区切りが付いたこの巻。

「残酷な純粋知性」であるクルーエル。
彼女とミクヴァ鱗片。
二つは同時に存在してはいけない。
どちらからが消えなければ、風の砕けた日が再び発生する。
だから、彼女かミクヴァ鱗片のどちらかが消えることを選ばなければならない。
風の砕けた日が発生までのタイムリミットも迫っている。

でも、ミクヴァ鱗片はミクヴェクスの一部とも言えるものだから、「ミクヴェクス」が願わないと消えない。
名詠式の方式から外れているもの。
それを理解しながらも、ネイトが必死にクルーエルのために、ミクヴァ鱗片を反唱しようとする。
何度も何度も。
その両の手が腫れ上がっても。

でも、ミクヴェクスの一部だから......それは叶わない。

ホントにネイトが一生懸命すぎる。
反唱できないミクヴァ鱗片よりも、クルーエルは彼女が望めば消えることができる。

風の砕けた日が再び起きれば、多くの人が犠牲になる。
彼女を取るか、犠牲を取るか。

この二択。

だから反唱が無理とわかっていても、ミクヴァ鱗片を反唱しようとするネイトの姿が......。
ボロボロのネイトをみて、クルーエルがどういう決断をするのか、そんなことはわかっている。
そうじゃなくても、クルーエルがどういう選択をするのか、わかっている。
ミクヴェクスの目として還る。

クルーエルの力だけでは還れないからアーマの助けも借りる。
ネイトを助けたいから、自分が消える。

クルーエルが消えることを決めて、ネイトに自分の思いを告げたのが悲しい。
微笑むように泣きながら思いを告げた彼女が悲しい。
ネイトが必ずクルーエルを助けると約束した。

風の砕けた日は、防げなかったけど被害は最小限に、そして名詠式が使えなくなった。
次回で最終巻みたいだけど、
どうやって、彼女を助けるか?
名詠式がなくてどうするか?
クルーエルを助けるなら、ミクヴェクスを納得させないといけない。

ネイトは一体何色を詠使いになりたいのか......。

2009年1月20日

深夏に萌えなくてどうする!? 生徒会の四散 このエントリーをはてなブックマークに追加 深夏に萌えなくてどうする!? 生徒会の四散

生徒会の四散  碧陽学園生徒会議事録4 (富士見ファンタジア文庫)


富士見ファンタジア文庫「生徒会の一存」がTVアニメ化決定 - 平和の温故知新@はてなでも、言われてるように、
アニメ化です。
知弦に苛められる杉崎が見れるわけですね!


<読書する生徒会>
作内で、深夏が読んでいたもの
ダイの大冒険
デスノート
ハチクロ(八人殺しの、黒岩さん)
NANA(七人殺しの、ちーちゃん)
おお振り(大きな殺人鬼が斧を振りかぶって)
ハガレン(ハガキで連続殺人)

作内のハチクロ、NANA、おお振り、ハガレンあたりはもはや凄いことになっているw
あの世界観をシェアーしようとか思わない。

握手占いで知弦さんと手をにぎにぎしてるのは、非常に羨ましいぞ、杉崎!!

<予想する生徒会>
深夏かわいいよ深夏。
P46-52の深夏はかわいい。いや、可愛すぎる!!
子供の頃の夢がお嫁さんになるだぞ?
しかも、それを高校生になって昔話として、テレながら、あの深夏が言うんだぞ?
萌えなくてどうする!

<暴露する生徒会>
桜野くりむがFカップは着痩せするってレベルじゃないし、実は身長が175あって、着縮とかないし!
むしろ、俺はチッヅチヅにしてほしい。
杉崎と知弦の恋愛はどう頑張っても、過酷な道なんだな!

<リベンジする生徒会>
生徒会ラジオ再び!
こんばっぱー(このときの生徒会女性陣の息はぴったりすぎる)

杉崎......相変わらず大変だ。
杉崎鍵の殺すなら俺を殺せ!
杉崎鍵の金なら俺が工面する!
とか......頑張れ杉崎。

<教える生徒会>
結論:くりむに勉強を教えるのは至難の業。
なんで、問題文に登場する子供の背景まで考慮してるのさ!!
語呂合わせで覚えてる年号もおかしいし、九九もおかしいし......。

<騒ぐ生徒会>
淫らと熱血をテーマにした学園祭はある意味見たいかもw


<進む生徒会>
まともな話だけど、合間合間はいつも通りですね!

一応、いろいろと話が進んでる。
どう頑張っても杉崎は、知弦に弄られるルートしかないような......。

2009年1月 3日

狂った世界を変えるために狂った力を 堕ちた黒い勇者の伝説3 このエントリーをはてなブックマークに追加 狂った世界を変えるために狂った力を 堕ちた黒い勇者の伝説3

真伝勇伝・革命編  堕ちた黒い勇者の伝説3 (富士見ファンタジア文庫)

伝説の勇者の伝説における空白の二年間に関するストーリー、短編が収録されているこのシリーズ。

空白の二年間に関しては、ルシルとシオンが、どうして協力関係になったのか、
なんでシオンが『堕ちて狂った勇者』の力を手に入れたのか、シオンが王になるまで何があったのか。
シオンは、苦痛と絶望が永遠に続くことをしりながら、力を欲した。
それにいたる彼の経緯を考えると、やっぱりライナと目指すところは同じ所は同じ。
シオンが動くの先だったか、ライナが動くのが先だったのか、それだけの違い。

伝勇伝の物語の本質には、シオンが、いやルシルが先にいた。
アスルード・ローランド、『女神』、α、Ω。
それらをルシルが知っていたんだし......。
いきなり、ある程度の解答を知っている人物がシオンの近くにいたんだから、
それはズルイよなー(ぇ

短編の方は、すぴりっと・おぶ・わんだー がギャグですね。
フェリスに犬の霊がとりついて、
・ライナの唇をフェリスが舐めようとする。
・ライナがフェリスの首に縄をつける
・フェリスが乙女の......

フェリスに犬の霊が憑いてることを知らないと、もうライナがただの変態ですね。
いつも、フェリスから変態、変態、言われてるけど、今回はホントに変態に見えますね。
あのフェリスで犬プレイ...。


2008年12月29日

明かされるクルーエルの存在意味 黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り このエントリーをはてなブックマークに追加 明かされるクルーエルの存在意味 黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り

黄昏色の詠使いVIII  百億の星にリリスは祈り (富士見ファンタジア文庫)

正直すごい。
名詠式そのものにシステム構築について、シャオたちの口から語られるこの巻。
アマデウス、ミクヴェクスという二人の調律者の存在と、アマリリス、そしてクルーエルの関わり。
これまでの物語で伏線とされていたことが、今回明かされる。
アマリリスがなぜクルーエルに似ていて、彼女を心配するのか。
名詠式の門の向こう側の世界――名詠式で呼ばれるものは、どこからくるのか。その謎もわかる。
まさか、ここまでの世界を構築しているとは思わなかった。

名詠式関係以外だと、クルーエルが自分のネイトへの想いを認めたというのが非常に大きい。
そして、クルーエルの存在意味......アマリリスの優しさ。

とにかく、読んで欲しい一冊。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11