何度でも何度でも。トニカクカワイイ第80話「宵がかり」 このエントリーをはてなブックマークに追加 何度でも何度でも。トニカクカワイイ第80話「宵がかり」

トニカクカワイイ第80話「宵がかり」

a

あらすじ欄が相変わらず自由だな。
描いていない先週の話の続きが登場するとは......。
描かれなかった本当の話の続きは、どこかで描かれることを期待しよう。

で、今回は夏祭りの話です。
夏祭りと言えば、浴衣。
というわけで、浴衣に着替えることにした司です。

着替えるから「あっち向いてて」と言われたナサからしたら、
着替えの音が聞こえるのである意味生殺し状態。
あまりにも気になるので、「やっぱり、見ちゃダメ?」と聞いてみた。

結果。

どうしてもというなら、見てもいいことになった。
司の着替えはその仕草自体がとても可愛らしかったので、
ナサはちょっとと言った割にはがっつり見ていた。

とりあえず、ナサはタンスの角に小指をぶつければいいと思う。

続きを読む "何度でも何度でも。トニカクカワイイ第80話「宵がかり」"

一人じゃ気づけないことは結構多いんです。 トニカクカワイイ第79話「友達の友達は他人」 このエントリーをはてなブックマークに追加 一人じゃ気づけないことは結構多いんです。 トニカクカワイイ第79話「友達の友達は他人」

トニカクカワイイ第79話「友達の友達は他人」

a

桜花は結婚願望がないから、「結婚とは良いモノなのか?」という疑問がある。
それに対してのナサの回答。

1.お嫁さんからは良い匂いがする。
2.女の子ってクッキーを箱のデザインで選ぶ。
3.女の子はコンビニで常温の水を買いがち。

ナサが挙げた3点は、桜花の質問の答えになっていないのでは?
結婚の良い点ではなくて、女の子に対する気づきだな。

でも、ナサが結婚して一番良かったと思っていることは、「世界が広がったこと」

一緒に暮らすことでの、新しい発見がある。
行かなかった場所、気にも留めなかったこと、知らなかった感情、出会えなかった人。
そういった全部含めて、自分の可能性みたいなモノが広がって、世界が広がった気がする。

相変わらず、ナサは、こういう時に良いことを言う。
これまで自分一人の価値観で見てきたものに対して、相手の価値観が加わって、
それを共有することで新たに見えてくることがあるって事なんだろうな。

続きを読む "一人じゃ気づけないことは結構多いんです。 トニカクカワイイ第79話「友達の友達は他人」"

丁度良いが見つけられるのは実は大事。トニカクカワイイ第78話「暑い日が続きますね」 このエントリーをはてなブックマークに追加 丁度良いが見つけられるのは実は大事。トニカクカワイイ第78話「暑い日が続きますね」

トニカクカワイイ第78話「暑い日が続きますね」

a

先週、クーラーを買って、ナサが自分で取り付けまでしたので、
これで暑い日も快適に生活ができるはず。

でも、問題があるわけで。

それはクーラーの快適な温度。
特に就寝時が問題。

一人で生活しているなら、自分にとって快適な温度設定をすればいいけど、
相手がいる場合は、当然快適温度は違う。

続きを読む "丁度良いが見つけられるのは実は大事。トニカクカワイイ第78話「暑い日が続きますね」"

いっそエアコンを効かせて布団に包まりたい。トニカクカワイイ第77話「27℃設定だと暑く、26℃だと寒い」 このエントリーをはてなブックマークに追加 いっそエアコンを効かせて布団に包まりたい。トニカクカワイイ第77話「27℃設定だと暑く、26℃だと寒い」

トニカクカワイイ第77話「27℃設定だと暑く、26℃だと寒い」

a

今年の夏は一気に本気を出して、ホントに辛かったなと思っていましたね。
暑くなったり、ちょっと涼しくなったり、忙しさがある。
そんな夏を乗り切るのに必要なアイテムは「エアコン」ですよ。
快適空間を作るのは大事。

で、司とナサが有栖川さん家から借りている離れのエアコンは死んでいる。
つまり、とても暑いんですよね!
というわけで、エアコンを買いに行くことになった。
でも、夏の繁盛期なんて、エアコンの取り付け工事待ちになるのでは?

そこは、ナサ。
自分でエアコンの取り付けぐらいできる。
......君、やっぱりすごいな。

続きを読む "いっそエアコンを効かせて布団に包まりたい。トニカクカワイイ第77話「27℃設定だと暑く、26℃だと寒い」"

もっとTo LOVEって! トニカクカワイイ第76話「もっとTO LOVEりたかった」 このエントリーをはてなブックマークに追加 もっとTo LOVEって! トニカクカワイイ第76話「もっとTO LOVEりたかった」

トニカクカワイイ第76話「もっとTO LOVEりたかった」

a

綾姉がテスト勉強に疲れたので気分転換で
要の提案で銭湯の手伝いをすることになった。
しかも水着で!

司については温泉回でいろいろあったから、
待機組についても水着やらなんやらをやろうという話ですね!

a

綾姉だけじゃなく、助っ人として、千歳も登場。
それにしても、なぜ千歳はスク水なのか。
いや、ある意味分かっているな?とは思う所もありますが。

a

まあ、ある意味お風呂回ですね。
あと今回のタイトル通り、もう少しTo LOVEるが欲しかった気がする。
ともあれ、次回からは新展開らしいので、楽しみですね。


トニカクカワイイ(7) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2019-08-16)
売り上げランキング: 28

死ねない理由が増えていく。トニカクカワイイ第75話「君を想う」 このエントリーをはてなブックマークに追加 死ねない理由が増えていく。トニカクカワイイ第75話「君を想う」

トニカクカワイイ第75話「君を想う」

a

昨夜はお楽しみでしたね。
司と一緒に露天風呂入ったわけだし。
ナサはいろいろと幸せがダダ漏れしているけど、司からはそういうことはない。

でも、司はクールを装うのである。
つまり、こう見えて、既に限界が近いのである。

ちなみに明るいうちの混浴については、「また今度」ということになったので、
ナサはそれがある以上、簡単には死ねなくなった。

a

今回のトニカクカワイイを読んでオチがないことに困るよりも、
単純にこの二人が幸せなので、書くことに困るんだが!

温泉では、時子さんと司の絡みがあったので二人の関係性が見えたのはよかった。
まだ言葉の言い回しで関係についてはミスリードさせようとしているとところはあったけど、
やっぱり、司の方が時子さんより年齢的には上と考えていいだろうしな。

さて、温泉の話も終わったので、次回からはまた日常っぽいような話に戻るのかな。


トニカクカワイイ(7) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2019-08-16)
売り上げランキング: 28

言わないからこその希少価値。 トニカクカワイイ第74話「好きとか嫌いとか最初に言い出したのは、誰なのか知らないけど好きとか言った方がいい」 このエントリーをはてなブックマークに追加 言わないからこその希少価値。 トニカクカワイイ第74話「好きとか嫌いとか最初に言い出したのは、誰なのか知らないけど好きとか言った方がいい」

トニカクカワイイ第74話「好きとか嫌いとか最初に言い出したのは、誰なのか知らないけど好きとか言った方がいい」

前回までのまとめ「温泉に入った」。
由崎夫婦が温泉に入ったのはいいけど、どうしたらいいのかわからないというけど、
確かにわからないな?
いや、でも、温泉に入ったところで、まったりトークでもしたらいいんじゃないの。
話題は時子さんが言っていた「司の愛情表現」ってどんなものか。
ナサも「そういえば、司ちゃんから直接的な言葉を聞いたことない」と気が付いた。

まあ、夫婦で温泉入ってるわけだし、そこは司も言うべきだろう。

a

普段直接的な言葉を言っていないからこその破壊力よ。

a

温泉でイチャイチャしてるのは幸せな時間だろうけど、
二人して温泉から出るタイミングを見失った。
わからなくもないけど、のぼせるよね?
とりあえず、イチャコラしやがって!!!となる温泉回した。

トニカクカワイイ(7): 少年サンデーコミックス
畑健二郎
小学館 (2019-08-16)
売り上げランキング: 3,416
その言葉はちゃんと伝えるべき言葉 トニカクカワイイ第73話「月影の下で」 このエントリーをはてなブックマークに追加 その言葉はちゃんと伝えるべき言葉 トニカクカワイイ第73話「月影の下で」

トニカクカワイイ第73話「月影の下で」

a

夫婦の混浴には合意が必要だというけど、
ラブコメ展開ではない限り合意がいるんじゃないかと思うのですがね!
とはいえ、混浴について合意形成をしないといけない。
問題は「一緒にお風呂に入ろう」という言葉の敷居の高さ。
親しい間柄だからこそ、改め言葉にするのが恥ずかしいこともあるよね。
ド緊張なナサに対して、司はいつものように落ち着いた様子。

続きを読む "その言葉はちゃんと伝えるべき言葉 トニカクカワイイ第73話「月影の下で」"

あーー、温泉いきたい。トニカクカワイイ第72話「草津温泉名人の称号を僕はもらいました。」 このエントリーをはてなブックマークに追加 あーー、温泉いきたい。トニカクカワイイ第72話「草津温泉名人の称号を僕はもらいました。」

a

知らないラブコメマンガが突然始まった。
と思ったら、2ページぐらいで終わった。
ナサが持っている漫画雑誌には「恋のインポータント」、三千院カユラの文字が。
きっと、ナギとカユラのペンネームなんだろうな。
二人でネームを考えて、ナギがマンガを描いてるんだろうとなんとなく思ってしまった。そうか、ナギは週刊誌のまんが家として、デビューできたのか。

そんな若干の懐かしさを読者として感じていたけど、
ナサは司の浴衣姿が可愛すぎて死にそうになっていた。

続きを読む "あーー、温泉いきたい。トニカクカワイイ第72話「草津温泉名人の称号を僕はもらいました。」"

愛情表現は多めがきっと大事。トニカクカワイイ第71話「幾星霜の果ての果て」 このエントリーをはてなブックマークに追加 愛情表現は多めがきっと大事。トニカクカワイイ第71話「幾星霜の果ての果て」

トニカクカワイイ第71話「幾星霜の果ての果て」

a

先週から登場した「月読 時子」さん。
当初は、司との血縁関係者の線だとばかり思っていたけど、時子さんは千歳の祖母になる。
......そっちかーー。
あー、でも、鍵ノ寺の名前も婚姻届にあったか。
あっちは千歳のお母さんかな。
※婚姻届はコミックス1巻を参照。
じゃあ、紆余曲折があって、「月読」の姓を司に貸していたとかそういう感じなのかな。

続きを読む "愛情表現は多めがきっと大事。トニカクカワイイ第71話「幾星霜の果ての果て」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15