2017年2月22日

そして道は開かれる。 ハヤテのごとく! 第561話「Liberi Fatali」 このエントリーをはてなブックマークに追加 そして道は開かれる。 ハヤテのごとく! 第561話「Liberi Fatali」

What A Wonderful World 13
ハヤテのごとく! 第561話「Liberi Fatali」

hayate561-001.jpg

全部嘘だった。
都市開発の話は嘘。
ハヤテがナギのもとに転がり込んだことを聞きつけたハヤテ父が、
その分け前をもらおうと千桜から情報を集めていた。

面会謝絶だった神崎さんも嘘。
ハヤテ父が情報を集めて、ハヤテ母がナギに近づいた。

どれもこれも、ハヤテが「お金持ちのお嬢様のところで楽しんでいる」とことを知ったのがキッカケ。
ナギのところにいるっていう情報がヒスイからきたのかもしれないなーと思ってる一方で、
この両親ならハヤテのことを自分たちで調べて勝手にどうにかしそうとも思う。

hayate561-002.jpg

ナギとハヤテの間の爆弾を爆発させたのはハヤテの母。

ナギを「本当に愛の告白だったのか?」と揺さぶり、
ハヤテに「本当は誘拐しようとしたくせに」と突きつける。

ハヤテが誘拐しようとしたことは、きっと根拠なんかなくて、
自分たちならどうする?と考えたからかな?

いずれにせよハヤテの口から「全部勘違い」と言わせ、
病室に隠れていたナギに聞かせたというのは上手い。

ナギが病室にいるかもしれないことをハヤテが少しでも意識していれば、
きっと言わなかったんだろうけど、母親相手では冷静になれなかったんだろう。

マリアさんがいなくなり、ハヤテしかいなかったナギにとって、
ハヤテの口から出た「全部勘違い」というのは衝撃的すぎる。

hayate561-004.jpg

ナギが屋敷に帰って、マリアさんに泣きつこうとしても、当然いない。
ハヤテがいなければ、マリアさんはメイドをやめようとしなかったのではないか?

ハヤテがいるから、マリアさんがいなくても大丈夫。
そう思って、自分をどうにか支えていたのに、ハヤテは自分のことを愛していたわけではない。

そんな現実は受け入れられない。

王族の庭城への道を開くには充分な負の感情の爆発だよな。

このナギが王族の庭城への道を開くというのはヒスイたちにとっては予想外なんじゃないかなと思えてきた。
大バブルクリスマスパーティーで、新・新造王玉で負の感情を少しずつ集めるというのが、
保険としてのサブプランで、ナギを追い込むというのが本命ならわかる。
けど、サブプランにしては多分新・新造王玉を造るというのはわりに合わない気がする。道が開くとどうなるんだろう?
白皇学院に道ができるんだろうけど......。まあ、近いのはヒスイと姫神だしなー。
ここまでくると、マリアさんの書いた手紙が最後のアイテムになる気がするな。


ハヤテのごとく! 50 「超貴重!初だしポストカードブック」付き限定版 (少年サンデーコミックス)
ハヤテのごとく! 50 「超貴重!初だしポストカードブック」付き限定版 (少年サンデーコミックス)畑 健二郎

小学館 2017-02-17
売り上げランキング : 254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハヤテのごとく! 49 「厳選!初だし! 超レアイラスト集」付き限定版 (少年サンデーコミックス) 電波教師 25 (少年サンデーコミックス) 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (11) (角川コミックス・エース) 長門有希ちゃんの消失 (10) (角川コミックス・エース) ハヤテのごとく! 48 (少年サンデーコミックス) ねじの人々 3 (裏少年サンデーコミックス) 食戟のソーマ(25) アニメDVD同梱版: ジャンプコミックス はじめてのギャル (3) (角川コミックス・エース) ハヤテのごとく! 50 (少年サンデーコミックス) ハイスクールD×D 23 球技大会のジョーカー (ファンタジア文庫)