2017年1月 2日

最後は自分の気持ちだよ。それが声優!2016 冬 サヨナラの少し前 このエントリーをはてなブックマークに追加 最後は自分の気持ちだよ。それが声優!2016 冬 サヨナラの少し前

はじめまして。

C91のサークル「はじめまして。」の新刊です。
それが声優!2016 冬 サヨナラの少し前

前回の終わりに、耳が聞こえなくなってしまう症状が出ることがあるヒナタですが、
それは回復していない。

今回一冊読んでみて、ヒナタ自身は限界。
タクシーの移動中ぐらいしか一人になる時間がなくて、本人の自覚なしに涙が流れるというのは、
心の許容量を突き抜けて、溢れ出しているからだろうに。

作品としてでなく、現実的にこういう話が出てきたとしたら、
声優と事務所、マネージャー間の信頼関係できていないんだろうなと思ってしまう。
時折、体調不良などの理由から長期療養に入る声優さんもいらっしゃいます。

あさのますみさんがコラムで書いてるように、声優さんは自営業で、復帰後の仕事の保証なんてない。
声優業界の実状がどうなっているのかはわからないけど、
声優って「商品」(あさのますみさんのコラムにもありました)なので、
事務所がどこまで守ってくれるのか助けてくれるのかというが気になる。


イヤホンズ関係で触れておくとすれば、いちごがついにギャラだけで生活できるようになった。
すごいな!
新人声優さんって、たまにアニメとかゲームで見かけてても、なかなか声優一本で生活できるようにならないから、バイトをしているという話を聞いたりもする。
すっごい昔は、白石稔さんがハルヒに出ていたころに、バイトもしてたとか聞いたかな。
双葉も声優だけで食べられるようになるといいんだけど。

さて、樹 ヒナタの話に戻すと、
ヒナタが自分の気持ち「仕事をやめたい」を双葉に口にできたことは
ホントにいいことだと思う。

ただ、双葉がどう応えるかだと思う。
言葉への応えは、次回になる。

C92でついにそれが声優!ラストか......。


■委託情報はこちら
グッズの委託もとらのあなであるとか(2017/01/02時点情報)
新刊『それが声優!2016 冬 サヨナラの少し前』書店委託情報!