言わなくてもわかってるよね? は、すれ違いの始まりだからやめましょう。 トニカクカワイイ第220話「恋愛と結婚は別物」 このエントリーをはてなブックマークに追加 言わなくてもわかってるよね? は、すれ違いの始まりだからやめましょう。 トニカクカワイイ第220話「恋愛と結婚は別物」

トニカクカワイイ第220話「恋愛と結婚は別物」

a

恋愛過程において、互いに同じ気持ちでいるかを確認することは重要だよね。
夫婦になると、「好きを伝え続けること」が大事。

そう言わなくてもわかってくれるなんてことは幻想ですからね。
なんであれ言わなきゃわからないんです。
という話をトニカクカワイイの記事で何回か書いている。

そう、つまり、言わないと伝わらないんですよ、司さん?

続きを読む "言わなくてもわかってるよね? は、すれ違いの始まりだからやめましょう。 トニカクカワイイ第220話「恋愛と結婚は別物」"

誰かにとって大事でも、案外覚えてないものです。トニカクカワイイ第219話「繋がる心と優しさと」 このエントリーをはてなブックマークに追加 誰かにとって大事でも、案外覚えてないものです。トニカクカワイイ第219話「繋がる心と優しさと」

トニカクカワイイ第219話「繋がる心と優しさと」

a

ナサの祖父の青空の墓掃除は無事終わり。

ナサが思い出したことがあって、それは青空が思い詰めていた頃の話。

つまり218話の話ですね。

青空が山の中に入って、そこで出会った女性(司)とのことで生きることを決めた。
だけど、よくよく考えたら、真っ暗な山奥に着物を着た髪の長い女性なんて
生身な人間なわけがない。

......たしかに!!
それを考えたら、やっぱり鬼だと思うわな。

ちなみに司はピンと来てません。

当事者にとっての大事な出来事であっても、
関わった他者からしたら些細なことで覚えてないなんてことはよくあるからね。
まして司は長い間生きてるから、そんなことばかりなんでしょう。

むしろ司は山の中の女(自分)を怪しげな女とまで言ってる。
これは本当に覚えていない。

続きを読む "誰かにとって大事でも、案外覚えてないものです。トニカクカワイイ第219話「繋がる心と優しさと」"

空は縁で繋がっている。 トニカクカワイイ第218話「君、繋ぐ縁」 このエントリーをはてなブックマークに追加 空は縁で繋がっている。 トニカクカワイイ第218話「君、繋ぐ縁」

トニカクカワイイ第218話「君、繋ぐ縁」

a

今回はナサのおじいさん、由崎青空の話。
第一次世界大戦後に生まれた彼が生き抜いた時代は、
大恐慌、関東大震災、金融恐慌、第二次世界大戦があった。

217話で司が言っていたように生きるのが大変だった時代。

青空の手の傷は、戦争で負ったもの。
てっきり司絡みだと思っていたよ。

戦争を生き抜いても、復興が待っている。
戦争で何もかも焼き落ちてなにもない。

絶望もするわ。

続きを読む "空は縁で繋がっている。 トニカクカワイイ第218話「君、繋ぐ縁」"

アナタが生きてくれたから今がある。 トニカクカワイイ第217話「もう語ることはなく」 このエントリーをはてなブックマークに追加 アナタが生きてくれたから今がある。 トニカクカワイイ第217話「もう語ることはなく」

トニカクカワイイ第217話「もう語ることはなく」

a

今回は短い10ページですね。たぶん告知2が短かったので帳尻合せですかね。
由崎家のお墓に着いた。
毎年、ナサのご両親が手入れをしていたと思うんだけど、
それにしては荒れ放題だな?

ナサが掃除のために水を汲んできている間に、
司はお墓に手を合せる。

お墓に刻まれているナサのお祖父さんの名前は「由崎青空」。
1919年生まれ。
司のモノローグにもあるように、1919年生まれだと戦争や大恐慌あたりなんだよね。
本当に生きるのが大変だった時代だよ。

そんな時代を生きる事を諦めずに駆け抜けてくれたから、
由崎ナサがいるわけだよ。

続きを読む "アナタが生きてくれたから今がある。 トニカクカワイイ第217話「もう語ることはなく」"

願いが積み上がり今がある。トニカクカワイイ第216話「風の一歩」 このエントリーをはてなブックマークに追加 願いが積み上がり今がある。トニカクカワイイ第216話「風の一歩」

トニカクカワイイ第216話「風の一歩」

a

東京がまだ武蔵国で、ただの湿地だった頃、司は盛大にコケてた。
やっぱり司はポンコツですからね、こういうこともあります。
自分がコケるような湿地だから、都とか無理だとすねてた。

平将門......平将門かー。
以前、輝夜と旧三千院邸でやりやったときのことを思い出しますね。

将門と言い合ってた頃からすれば、まさか武蔵国が今の東京のようになるなんて想像できなかったでしょうね。

a

さらに時間が進んで竹千代、つまり徳川家康との出来事になった。
本当、司は日本の歴史のいろいろなところに立ち会っているんだな。
このときでもまだ湿地に都が出来るとは信じていない司。
家康は、昔、司と武蔵国に都を作ると約束した人がいたなら、
それを成し遂げてみると言った。

実際、家康は成し遂げたからなー。

続きを読む "願いが積み上がり今がある。トニカクカワイイ第216話「風の一歩」"

告知は何度してもいいですからね! トニカクカワイイ第215話「告知! 2」 このエントリーをはてなブックマークに追加 告知は何度してもいいですからね! トニカクカワイイ第215話「告知! 2」

トニカクカワイイ第215話「告知! 2」

a

今週のトニカクカワイイ楽しみだな。と思って、ページ開いたらびっくりしたよね。
畑展の福岡の告知です。
1コマ目からナギが叫んでたので「!?」となりました。

畑展は開催中ですが、その先に控えているのは「ハヤテのごとく!完全版」ですよ。
カラーの収録や毎巻描き下ろしマンガも入るとか聞いているので楽しみなのですが、
当然、その製作は簡単じゃないですね。

畑先生、お疲れさまです。
ナギは「ちょいちょい出て知名度上げとかないと!」と言ってるけど、
「いやいや、ナギとハヤテわかるでしょ」と思うんですが、
たぶん本当に知らない読者はいるんだと思いますね。
そういう層を考えると、アピール大事です

続きを読む "告知は何度してもいいですからね! トニカクカワイイ第215話「告知! 2」"

ルリドラゴンが言うならスタバは青春だよ トニカクカワイイ第214話「今も昔も酸い甘い」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ルリドラゴンが言うならスタバは青春だよ トニカクカワイイ第214話「今も昔も酸い甘い」

トニカクカワイイ第214話「今も昔も酸い甘い」

a

ナサのおじいさんのお墓掃除にお出かけ。
司とナサの二人で出かけるのは久しぶり。
読者としてもだいぶ久しぶりに思えますね。

司とナサは二人で出かけてはいるけど、デートはそれほど重ねてないね。
そういうのをすっ飛ばして結婚してたわけだし。

結婚する前にアオのハコのような甘酸っぱい青春で、
デートイベントだったらスタバへいく。

スタバか......。
謎の呪文を唱えることで錬成される、謎の飲み物が出てくる場所ですね。

そんなことはさておき、青春と言ったらフラペチーノを飲むこと。
ルリドラゴンでも言ってた。
......言ってたかはともかく、ルリドラゴンでスタバ行ってましたね。
確かに青春っぽい。

続きを読む "ルリドラゴンが言うならスタバは青春だよ トニカクカワイイ第214話「今も昔も酸い甘い」"

家族のことって意外と知らないんだよね。 トニカクカワイイ第213話「かすかな思い出のかけら」 このエントリーをはてなブックマークに追加 家族のことって意外と知らないんだよね。 トニカクカワイイ第213話「かすかな思い出のかけら」

トニカクカワイイ第213話「かすかな思い出のかけら」

a

百鬼さんはだいぶ久しぶりですね。

ここにナサ君が来たのは、5Dデータを読み込む装置に必要な部品を手に入れるため。
でも、部品はない。
半導体不足で一週間ぐらいかかるらしい。
というわけで、5Dデータが読めるのは、作内時間で一週間後になる。
そんなにサクサク進みませんね。

続きを読む "家族のことって意外と知らないんだよね。 トニカクカワイイ第213話「かすかな思い出のかけら」"

ゆっくりしていってね!なんだけどそういうときほど割り込みが多い。 トニカクカワイイ第212話「あれ? ぼくまたなんかやっちゃいました? というまさかの前回からの続き」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ゆっくりしていってね!なんだけどそういうときほど割り込みが多い。 トニカクカワイイ第212話「あれ? ぼくまたなんかやっちゃいました? というまさかの前回からの続き」

トニカクカワイイ第212話「あれ? ぼくまたなんかやっちゃいました? というまさかの前回からの続き」

a

5Dデータ読み込み装置を組み上げた続きです。
ええ、きっとデータの読み込みのことをやるんだろうと、タイトルで思っていましたよ。
全くそんなことなかった。
装置も組み上げたし、イチャイチャしたいらしい。

その続きはどこかのコミックスのおまけでやってもらうとして、
イチャイチャしはじめたら、ナサの母からの連絡がきた。

続きを読む "ゆっくりしていってね!なんだけどそういうときほど割り込みが多い。 トニカクカワイイ第212話「あれ? ぼくまたなんかやっちゃいました? というまさかの前回からの続き」"

歴代上位に入るぐらい今回のタイトルは長いと思うんだけど、どうなんだろう。トニカクカワイイ第211話「プラモ狂四郎に憧れてガンプラを改造したけど全部壊した奴とは違うのです」 このエントリーをはてなブックマークに追加 歴代上位に入るぐらい今回のタイトルは長いと思うんだけど、どうなんだろう。トニカクカワイイ第211話「プラモ狂四郎に憧れてガンプラを改造したけど全部壊した奴とは違うのです」

トニカクカワイイ第211話「プラモ狂四郎に憧れてガンプラを改造したけど全部壊した奴とは違うのです」

a

久しぶりにタイトルが長い!!!!

それはともかく、5D読み込み装置の組み立てが出来ました。
水着がどうこう言ってたナサくんが組み上げたんだからすごいわ。
本当に前回と同じ人ですか?

この組み上げた装置はかなりすごい。
単純にPCに接続しても起動しない。
ノートPCがWi-Fi、LANポートなどでネットワーク接続可能な状態だと
まず起動しない。

さらに他は各種パーツでスマホの電波検知、
管理者以外の人が画面を覗き込む、カメラ検知、メモ禁止など、
とにかく5Dデータを外部に漏らすことの排除している。

かなりの徹底ぶり。
5Dデータの中身の重要性もそうだろうし、
司が1400年生きてることにまつわることもあるのかな。
5Dにどういう情報があるかわからないけど、
輝夜姫が還った月について触れてあるのかな?

続きを読む "歴代上位に入るぐらい今回のタイトルは長いと思うんだけど、どうなんだろう。トニカクカワイイ第211話「プラモ狂四郎に憧れてガンプラを改造したけど全部壊した奴とは違うのです」"

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29