紡いだ先にあるもの トニカクカワイイ第277話「復活の日」 このエントリーをはてなブックマークに追加 紡いだ先にあるもの トニカクカワイイ第277話「復活の日」

トニカクカワイイ第277話「復活の日」

ハヤテのごとく!生誕20周年おめでとうございます.
20周年か......すごいな。
いろいろと動きがあるといいですね。

さて、本編

a

紅蛍に似た誰かトニカクカワイイ第181話「いのちの記憶」で出てきていた静御前かな。
司の名乗りが「鞍馬山の大天狗」なので義経関係の話でいいと思うので、
静御前でいい気がする。
死にかけていた彼女に、血を飲むかどうかの選択を迫った。

そもそも司の血はなんだろうか?
蓬莱は輝夜の血から出来たもの。
それを飲んだ司は不老不死になった。

司の血を飲んでも不老不死にはならない。
でも、傷を癒すことはできる。
じゃあ、司の血は一体何なのだろうか?

話は前回に戻ってナサの話の続き。
ナサの考えでは、「月からの使者」にとって地球は重要ではない。
それは恐らく宇宙を移動するコストに対して地球が見合っていないから。
でも、選択肢としては残しておきたい。

続きを読む "紡いだ先にあるもの トニカクカワイイ第277話「復活の日」"

彼らは本当は何を目的にしたんだろうか。 トニカクカワイイ第276話「NASAトーク」 このエントリーをはてなブックマークに追加 彼らは本当は何を目的にしたんだろうか。 トニカクカワイイ第276話「NASAトーク」

トニカクカワイイ第276話「NASAトーク」

a

千歳たちに司の不老不死の力への説明。
以前から説明されているように、
司の不老不死はわかりやすく言えば、クラウドストレージの考え方。
健全な状態のデータを持っていて、司が傷ついたりしたら、復元している。

千歳の理解は「サーバーとの接続が切れれば、元の人間に戻れる」。
だいたいそれであってる。
そのサーバーとの接続をどうやって切るのかという話なんだけど。

続きを読む "彼らは本当は何を目的にしたんだろうか。 トニカクカワイイ第276話「NASAトーク」"

あのフォーマットが出来上がってるってすごいよなー。 トニカクカワイイ第275話「脳内再生余裕」 このエントリーをはてなブックマークに追加 あのフォーマットが出来上がってるってすごいよなー。 トニカクカワイイ第275話「脳内再生余裕」

トニカクカワイイ第275話「脳内再生余裕」

a

やっぱり、御伽女子高の生徒は、司が過去あった人物に似ているんだな。
犬養さんの面影があるのは、三蔵法師ですね。

不死者の心臓を食べたら、不死になれるのか?

その疑問は司が否定した。
それが出来るなら司は死んでいるし、死ななくても不死者がたくさんいることになる。

けど、司の血には何かしらの治癒効果がある。

おかげで肩こりが少し治った。

続きを読む "あのフォーマットが出来上がってるってすごいよなー。 トニカクカワイイ第275話「脳内再生余裕」"